スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

いかの塩辛つくってみました

P1050778.jpg

気に入っていた市販のものをめっきり見かけなくなり、仕方なく代わりに買うものもいまいち。
ということで、単なる思いつきのうえ、気ままに作ることにしました。

うま~いっ!

刺身用するめいかを捌き、はらわたに酒、みりんを入れただけ。
最後に焼さんま用すだちを拝借して皮を刻んでふりかけました。

150円。着色料/保存料/香料無しで味はGOOD。手作りに勝るものはないかも。

#ちょっと酒、みりんを入れすぎさらさらになってしまいましたが、、、次修正します。
スポンサーサイト
2014-10-12 15:58 : 創作 : コメント : 2 :

プラムジャム

 相変わらず、いそいそとジャム作りはしているのですが、久し振りに新種のものに挑戦しました。すもももももももものうちプラム。10個で¥299。8個を使ってスタート。
p-j-1.jpg

 皮を剥いて、適当な大きさにナイフで切り落として、種の周りの実は口の中に・・、美味しい。
弱火でことこと。結構なアクが出るので、マメに取り除く。
p-j-2.jpg

 水分が多いので、ある程度粘度が出るまで時間がかかる。寒天とか入れた方がいいのかな?と思うも、手元に無い。と、しているうちに出来上がり。ほどよく甘酸っぱい新鮮なジャムの完成。まいうぅ。朝に元気を。
p-j-3.jpg
2013-07-21 15:18 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

食べずに残っているドライフルーツでジャム

頂き物のドライフルーツが中々減らない、どうしよう。固くなってきたぞ。
そうだ、ダメ元でジャム作ろう。
dfj1.jpg
パパイヤ、マンゴー、パイン、いちぢく。
dfj2.jpg
刃の通りが悪いけど頑張って刻みました。ひと苦労。それだけでも十分甘いので、砂糖は加えません(当たり前か・・)
dfj3.jpg
水を加えて、煮込みます。ドライフルーツもアクがでるので、さっと取ります。
dfj4.jpg
ひたすら弱火で。途中、水が蒸発&ドライフルーツが吸うので、鍋を焦がさないように水は都度足しました。3時間くらいやったけど、これ以上は無理~。柔らかくなったところで、スプーンの裏でつぶせるものは潰します。さらにグツグツ・・。
dfj5.jpg
出来上がり!なかなかのでき。もともと旨みが凝縮されているので、いい味出てます。捨てずに有効利用できました。やってみるもんだ。
2012-12-24 01:20 : 創作 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

コスパ、いいね!フルーツ缶詰でつくるジャム

スーパーでジャム食材(果物)を探すも、どれも高い。
ということで、一度やってみたかったフルーツ缶詰で作ろうと。
なんと1缶100円。
kanj1.jpg
もちろんそのままでも食べて、残りをジャムに。
パインとマンゴー、美味い。ジャムにしなくてもそのまま全部・・・という誘惑もあったけど。
kanj2.jpg
細かく刻んで鍋に汁と一緒に。マンゴーが柔らかいので姿は無くなるだろう。
kanj3.jpg
アクをとりつつ、中火で汁を飛ばしていきます。
煮詰まり始めたところで味見するとそれほど甘くないので、砂糖を少々加える。
kanj4.jpg
出来上がり!やはり生の果実で作ったジャムには適わないけど、なかなか美味い。
これはアリです。果物が高い時期には、使わせてもらおう。
2012-12-15 15:30 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

洋梨とキウイのジャム

kalfjm1.jpg

えっ、ラ・フランス?豪華~。と思いきや、近所のスーパーで4つ300円!(セール)キウイも5つ200円!嬉しすぎる。これはジャムを作らねばと決意し、2つ&3つをひたすら剥いて刻んで、鍋につっこむ。

kalfjm2.jpg

洋梨が甘いので、砂糖は少なめで良かったかも。

kalfjm3.jpg

中火でアクをとりつつ煮込む、いつもの作業。
ラ・フランスちゃんを食べたくて、我慢できずに味見。この時点で成功を確信。
レモン汁がなくて、りんご酢で代替。

kalfjm4.jpg

大成功!!うますぎる。
これで月曜の朝も楽しみ(気休め)。
2012-11-27 01:31 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

デラウェアじゃむ

dwj1.jpg
安くなってきましたデラウェア。8房箱入りが580円!半分を使ってジャム作ってみるか。

dwj2.jpg
ひたすら剥く。色キレイ。

dwj3.jpg
煮込む。今回は砂糖の変わりにぶどう100%ジュースを使ってみる。

dwj4.jpg
結局味が締まらないので、砂糖を入れて粘り気をつけて出来上がり。
フツーに想像どおり。まぁまぁ。そのまま食べた方が美味しいかな!?
2012-08-08 02:05 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

アメリカンチェリーでジャムづくり

acjm4.jpg
今度はアメリカンチェリーに挑戦。さてどうなる!?と半分、大丈夫と思いつつもスタート。100g 98円で、400g弱購入。ジャムの材料にしては、若干高めだけど、安くならないんで。

acjm2.jpg
ひたすら割って、種とって、刻んで。指が真っ青。結局350gくらいになった。甘さがイマイチなので、ちょっと多めに100gの砂糖を投入。

acjm3.jpg
実が引き締まっていたので、前回林檎の時の反省をいかし、水を100g入れ蓋をして煮込んだ。結構、柔らかくなって、正解。灰汁をとりつつ、水分を飛ばす。

acjm1.jpg
多少潰して、程よく実を残して。レモン汁ぱっぱ。出来上がり~。これは(も)旨い!この素材はジャムに合ってる。もっと市販されても良いぞ。
2012-08-04 21:06 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

リベンジしてやった。りんごジャムづくり。

aj1.jpg

近所のスーパーの朝市で、4個500円のりんご。りんごジャムは以前失敗している、いわばリベンジを果たさねばと、価格が下がるのを待ってた。いよいよだぜぇ~↑

aj2.jpg

4つのうち2つを使って、ジャムづくり開始。短冊切りちっくに細かく裁断。今回は甘さ控えめで砂糖は70g弱。

aj4.jpg

水分が少ないので、煮込みが遅い。以前はこの工程で、少しほおっておいたら焦げてしまったので、今回はずっとそばについたままスプーンでかき混ぜる。柔らかくなるも、サクサク感が抜けきらないので、100%りんごジュースを少々追加し、煮込む。
(ここで蓋をして煮こめばよかったと反省。焦げ付けさせないという思いから、蓋をしなかったけど、蓋したほうが果実に水分を染みこませられそう)

aj3.jpg

水分を吸ったところで、スプーンで果実を適当に潰す。程よく果実の食感が残る程度で止め。レモン汁を少々加えて出来上がり。

aj5.jpg

美味ぁ~。以前の失敗のリベンジ達成。
これを食べる朝食が楽しみになるから、ジャムづくりは止められない~。
幸福なんです。

2012-07-02 00:40 : 創作 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

メロンジャム、ん~・・・

hsjmj1.jpg
メキシコ産ハシジューメンロン 398円。ずっと気になってた、この大きさと安さ。となりのキウイフルーツと比べてもこのとおり。

hsjmj2.jpg
切ってみると、まさにメロン色。熟していないプリンスメロン(最近見ない?)のよう。

hsjmj3.jpg
失敗だったらイヤなので、8等分したうちの3つだけ使う。それでも量多い。砂糖はいつもより割合を落とす。

hsjmj4.jpg
アクはあまりでない。水っぽいので、蒸発に時間がかかる。

hsjmj5.jpg
出来た!う~、まぁ・・。美味しいけど・・・。
さらに2,3日経つときゅうりのような野菜の臭いが・・・。
いやっ、不味くはない、不味くは。そこそこな味は楽しめるぅ。

hsjmj6.jpg
結論、ハシジューメロンは素で食した方が良い。さっぱりしててまずまずの味。残り5/8は3回に分けて頂きました、ボリュームは大満足。
2012-06-14 21:10 : 創作 : コメント : 2 : トラックバック : 1 :

キウイフルーツジャム

kwj1.jpg
すっかりジャムは手作りでないと満足いかなくなり、一見ジャム作りにハマった風。でもハマったわけではなく、満たすための作業。楽しいけど。いつもワンパターンの工程。今回はキウイフルーツ。5個で298円(写真は1個既に鍋の中で、4個)。

kwj2.jpg
半分に切ったキウイからスプーンで適当な大きさに実をかき出す、かき出す。350g。砂糖を今回は少なめの85g(これも適当)。

kwj3.jpg
中火で煮込む。アク取りを忘れずに。今回は意外と早く煮詰まった。

kwj4.jpg
出来上がり!ちょっと酸っぱいくらいだけど、さっぱり美味。
2012-05-18 21:01 : 創作 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

ぶどうジャム

gj1.jpg
レッドグローブと言うぶどうを買ってみた 297円。

gj2.jpg
ひたすら皮向いて、種とって、刻んで、だいたい500g。ふ~。

gj3.jpg
甘味が若干少なめなので、砂糖150g!

gj4.jpg
いつものようにアクをとりつつ、中火で煮こむ煮込む(写真撮り忘れた)。
最後にレモンを絞って、ぱっぱっ。出来上がり。これは予想よりうま~。
ずっと苺作りたいのだが、なかなか安くなりませんなぁ。
2012-05-05 00:36 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

パイン&キウイジャム

pkj1.jpg

パイン 198円、キウイ 98円 x 2

pkj2.jpg

剥く、切る、刻む

pkj3.jpg

砂糖 果実重量の1/4

pkj4.jpg

中火でことこと、あく取り

pkj5.jpg

レモン汁少々をかけて、出来上がり! どっさり。
うま~。

#反省:果実の2/3くらいをもう少し細かく刻んだ方が良かったかも。
2012-04-21 13:35 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

グレープフルーツジャム

 手作りジャムは安上がりで美味しい。先日、リンゴで作ったのですが、何と鍋をほったらかしにしたら、真っ黒焦げ・・。せっかく美味しくできてたのに・・・。と、めげずにリベンジ。リンゴの価格が高くなってきたので、今回はグレープフルーツ。1個100円、2個で200円。さぁ、適当に作ってみよう。レシピ知らん、調べもしない。

gfjam1.jpg
皮を向いて、多少ちぎる。

gfjam2.jpg
そのまま鍋に移し、砂糖をグレープフルーツの重さの約1/3を入れてしまおう。グレープフルーツ自体、それほど甘くないので、他の果物より多少多めに。[追記]1/3は多すぎた。1/4だと甘さ控えめで丁度よいかも。

gfjam3.jpg
中火でグツグツ。アクをとりつつ。水分が多いから、水を飛ばすのに時間がかかる~。前回のように焦がさないように、今回はキッチンに本と椅子を持参で、しっかり見張り。

gfjam4.jpg
最後にレモン汁をぱっぱっと。やっとできた!なかなか良い色。多少、水分多く粘りを緩めにしました(パンに付けるより、ヨーグルトのソースとしての方が多いので)。[追記]次の日、ほどよく固まっていました。冷めるとこうなるのかな。お陰でパンにも最適になった。どうやら緩めで止めておくのが良いらしいことを学習。

gfjam5.jpg
早速味見。うま~。しばらくまた楽しめそうだ。早く苺が安くならんかな、次は苺食べたい。
2012-03-27 00:17 : 創作 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

プラスチックモデル

hayabusa1.jpg
 小学生以来、プラモデルを買ってみた。うん、ここ数年買おう買おうと思ってたところ、興味をそそるものを見つけた!!小惑星イトカワからサンプル容器を持ち帰った探査機「はやぶさ」。昨年、奇跡の帰還でブームとなりました。こういうのって子ども心が蘇ります。久しぶりの題材にはぴったり。

hayabusa2.jpg 
 すでにメッキが施され、太陽電池パネル用青色のシールも付いており、色を塗る必要無しのお手軽プラモ。ニッパと接着剤だけでつくった。ほどなく完成。

hayabusa3.jpg
 オブジェとして暫く楽しめそう。さらに、間近で見るとカッコイイじゃないか!


 プラモ久しぶり、、というか初めてといっていいくらいなのですが、接着剤の力を過信しすぎたせいか、思ったほどくっつかず手についた接着剤でプラモデルを汚してしまった。やはりピンセットを使って、接着剤を確実につける慎重さが必要。甘すぎた・・。ガンプラブームも当時、小遣いではそんなに買えないの分かってたし、いまいちロボットのプラモというのは興味がなかった(ガンダムは好きだったけど)。これ、色塗り始めるとハマリそう。
2011-12-18 21:29 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

誰だよ、これ・・

adhpb1.jpg

 せっかく描いたので掲載してはみたものの・・・、分かっています。ちょっと面長になってしまいました。あと眼が違います。もっと魅力的な大きな眼です。デッサン力が無いのです。

 それと気づいた点、黒地に描くのがこんなに難しいとは。パステルを薄めようとこすると下地が出てきて黒くなる・・(当然ですが)。この美白な肌に黒は許せませんから。 


 愛しの AUDREY HEPBURN さん。スミマセン、いづれ再チャレンジさせて下さい。次は必ず!・・・
2011-11-01 22:27 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

strawberry jam forever

strby-1.jpg

いちごは野菜。2パック 600g、500円。とちおとめ。
被災地 千葉 旭産(だと思う)。ここは千葉。千産千消(地産地消)。
息子といくつかつまみ食いしつつ、、いってみよぅ!

strby-2.jpg

ヘタを取って半分に切って、砂糖100g少々(控えめ)。
甘さ調節が出来るところも手作りのいいところ。と言っても初めて。

strby-3.jpg

苺を潰しつつ、弱火でゴトゴト。
やばい、白いTシャツにシブキが・・・。慌てて脱ぐ。裸調理人。今日は温かい。

strby-4.jpg

アクをとってとってとって。煮込む煮込む。

strby-5.jpg

あらら・・、こんなにボリュームが減少してしまった・・。
カープの赤。食べ終わるまでは夢ごこち(首位でいてね)。と思ってたら、作ってる最中に首位転落(涙)。

strby-6.jpg

ジューシーで甘酸っぱい。ウルトラ まいう~。



お約束。
2011-04-24 18:02 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

もし、イビチャオシム氏が総理大臣をやったら・・

Ivica_Osim.jpg クリックすると大きくなります。


 敬意を抱いて、パステル描きました。鋭い眼光を気にしながら、、「手を抜くなよ」と睨みを効かせています。

 心の師匠、Ivica Osim(イビチャオシム)氏。JEF United(現ジェフユナイテッド市原・千葉) ~ 日本代表監督。この方には、本当に幸せな時を一緒に過ごさせていただきました。今でも彼が率いる日本代表を見たくて仕方ありません・・。

 と思っていたら、ふと、彼が総理大臣になったらどうなのだろうと。
きっと機動力のあるチーム(内閣)になるに違い有りません。ポリバレント(縦割りではない)を求め、考えながら走る(先を見通して決断していく)。スターに頼らず、走れる人を適所にあてがう。そして教育者として、周囲を育てる。ん~、こっちも見てみたい。

#しかしパステルは、デジカメでうまく撮れず、画像にそのままの色が表現できないので歯痒い。。

-----追記(4/30)-----
オシムの伝言」のブログにリンクを貼っていただきました。著者の 千田さん、有難う御座います! 
2011-04-13 00:00 : 創作 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

LOVE&PEACE FOREVER

johnlennon.jpg
クリックすると拡大します。

John Lennon パステル画。タッチをなめらかに繊細に描いてみました。

十数年前、リバプールに行き、ジョンレノンとポールマッカートニーが出会った場所とか育った家、キャバーンクラブ、ペニーレインなどを観光タクシーでまわりましたが、その時感じたジョンの面影を想い出しながら。

やっぱいいわ、ジョン。素敵過ぎる。私にとって永遠のヒーロー。Imagineの歌詞とメロディは奇跡だな。

2011-02-19 21:39 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

絵になる男を絵にしてみた

eyazawasan.jpg
クリックしたら拡大します。

はぁ~疲れた。十数年ぶりのパステル画。ずっと描きたかったのだ、永ちゃんこと矢沢永吉さん。
難しい。立体感がいまいち。サムネイルにしちゃうとさらにいまいち、下手な証拠。やっぱ練習は必要だな。

まだ書きたい人、居るんだよなぁ~。
素敵なブログを作られている彩月さんに倣って、当ブログにも「創作」カテゴリー作ってみた。過去の創作物もこちらに整理。
カテゴリーを作ったからには、これからも描かなくては・・。
2011-02-07 00:05 : 創作 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

BBJ

娘とブルーベリージャムづくり。教わった通りにと。。

bbj1.jpg 
1.冷凍してたブルーベリーを鍋に移す。そのまま食べても美味しいところを我慢。


bbj2.jpg 
2.ブルーベリーの容量の1/3分の砂糖のみ加える。


bbj3.jpg 
3.弱火で煮込む。最後にレモン汁を少々。


bbj4.jpg 
4.出来上がり!ゼラチンなしでもなぜか固まる。


初めてでも簡単。大変、美味しゅうございます。
トーストに、ヨーグルトに、、、あ~美味しゅうございます。
2010-07-11 13:34 : 創作 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

Thank you for visiting

korogaruishi

自分を信じ、転がり続けること
Twitter ID : korogaruishi

便利!ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ(タブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。