スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

人生観の整理 No.1

これです border=←大変オススメの本です。



商品詳細を見る


タイトルの中に"がん" という言葉がありますが、これは人生観をより明確な素敵なものに導いてくれる本でした。何とまとめて良いのか分からないくらい、ポジティブな動揺をしています。考えさせられる事が多すぎて。。

「"がん"は究極の自分探しの旅」「がんというテーマは、人間存在そのものを問うもの」とおっしゃっています。自分の身にふりかかる"死"について考え出すと、それは "自分の存在" を考えることになるんですね。"がん"はそのきっかけなのです。だからこの本は"がん"が題材なのですが、人生を感じます。

明確さ、曖昧さがないところにもとても親近感を覚えます。本にも書いてあるように、癌は情報戦で、素人でもたくさんの情報は収集できます。医者はエビデンス通りの決まったことしか言わず、患者に治療方法を決めさせます。自分で判断するしかないのです。どこまで情報を追って、何を信じて、何を選択すればよいのか。。そんなところ、著者のいう「一歩踏み込んだ偉大なるお節介」をしてくれるのです。それが何と有り難いことか。リスクもあるでしょうに、有り難いことです。

印象に残っていることを羅列することしかできません。

・現代人は暇が苦手。忙しくしていないと、自分に価値がないように感じる。~略~「こうあらねばならない」「これがなければ幸せではない」という自分をコントロールしていた価値観からはずれて自由になることで、思いもしなかった「ちから」が出てくることがある。

・人間はそんなに強い人ばかりではありません。がんという大病にかかったとき、精神的に落ち込んで、後ろ向きになってしまうのは、人間として健全な反応です。しかし、その期間はできるだけ短く済んだほうがいい。ネガティブな反応は、ともすると、悪習慣になって自分や周囲を苦しめることがあるからです。~略~がんになっても人生は続いているのです。気持ちが沈んだままでは人生楽しくないでしょう。いばらの道の人生だからこそ、楽しさをみつけなければやっていけない。~略~「病気であっても人生を楽しむことはできるんだ」と決意することはできます。そして決意したら、意識的にそのように振る舞う努力をするのです。今すぐにはできなくても、やり続けていれば必ずできるようになる。その前向きな思いが自然と笑顔につながっていくはずです。

・「余命」ほどあいまいなものはないのです。確率事象というのは「あいまいなもの」なのです。~略~あいまいなことを科学的に考えようとしても意味がないばかりか、くたびれるだけです。~略~自分の存在の確かさと大切さを感じる。~略~数字や数値に振り回されていると、人生で一番大切なものを見失ってしまうからです。

・忘れるというのは、自分の中での優先順位を下げることです。仕事をする、家族と楽しく食事をする、可愛がっている犬と散歩する、好きな本を読む、星空を見上げる・・・自分の人生でなすべきことを優先してやり、「がんについて考える」のは最後にする。実際、最後でいいのです。不安というのは、人間が持つネガティブな感情の中でもかなり厄介な感情です。実際には起きていないことに対して、あたかも起きたかのように怯えるのが不安だからです。~略~不安がなくなるのは不安が現実になったとき~略~。自分の人生や生活の中で何を優先すべきか、それを考えないと不安に振り回されてしまうだけです。優先順位をつけて不安を忘却するには、目の前のやるべきことを一生懸命にやる、「今」というこの瞬間に専念することです。不安というのは「将来予測」ですから、心が「今」にないんですね。~略~ですから、「今日が人生最後の日」と思って生きると、人間は幸せに近づけるのです。

・ものごとには順番があり、すべてのことには「時」があります。~略~自分の形に固執せず、置かれた環境に合わせて自分を変化させ、たくましく生きる。~略~環境に合わせて自分を変えるということは、自分自身を捨てることではありません。今の自分にとって必要のないもの、持っていても使えなくなったものを捨てることです。~略~それまでの自分のスタイル、やり方、こだわりを潔く全部捨てる。捨てることによって、さらに大きな可能性を得ようとするのです。

・人間を不幸たらしめているのは「他人と比べる」という比較の概念ではないでしょうか。不安、自己嫌悪、屈辱感、嫉妬、怒り・・・自分を傷つける感情はほとんど「比較する」ことから生まれているからです。~略~「他人と比べることはない、人間の存在価値は等しく同じです」と言ったところで、そんなことは患者さん自身もよく分かっている。~略~人間の体を細かく見ていくと、約200もの組織・器官が収められています。~略~すべての存在が認められていて、それぞれが自分のなすべきことを淡々としている。そうすることで完全に調和し、ひとつの営みをしている。「人間の社会はそうはいかない」と思われますか。それは違います。これはどこか遠くにある別次元の世界のおとぎ話ではありません。あなた自身の話であり、私たち人間の話なのです。

・やってしまったことは、なくせない。忘れなさいと言っても忘れられないから苦しんでいるのです。だとしたなら、自分の人生の荷物として、腹をくくって背負うしかない。「罪悪感」を背負って生きるのではなく、「事実」を背負って生きることです。ちゃんと背負って生きていくと、荷物を下ろすときが必ず来ます。あるいは、不思議に分け持ってくれる人間が出て来るものです。自分で背負わなければ、下ろすことも、分け持ってくれる人が現れることもないのです。

・自らを鍛え育てあげていく。それこそ「勇ましき高尚なる生涯」です。がんになってもならなくても、治っても治らなくても、生涯をかけて取り組む価値のある大仕事ではないでしょうか。

・人間社会はだいたい「正論」で成り立っています。私は正論が大嫌いです。正論ほど冷たいものはないからです。~略~正論が悪いわけではありません。相手のために言わなければならないこともある。しかし、正しさには容赦がない。それを忘れると危険です。

・人間の心の奥底には、実にいろいろな問題が置かれたままになっています。それは清算されていない「過去」であり、「思い」であり、その人の人生の「歴史」です。多くは、罪悪感や後悔、自分に対する恥ずかしさといった苦しい感情をともなう。だから見ないようにして心の奥底にしまいこんでいたものです。~略~許しあうという行為は、人間にとって最も大切なことだと私は思います。許してほしいという苦しさだけではなく、「許せない」という苦しい思いも癒されるべきものだからです。心から相手を許せたとき、初めて傷は癒されるからです。~略~許してほしいと思うからには罪悪感があるわけですが、罪悪感という感情の裏には「罰せられる」という根源的な恐れがあるからです。だから潔く謝罪できない。自分が悪かった、すまなかったと思えば思うほど謝れない。つい「あいつだって悪い」「あいつがこうだから俺がこうなった」と言い訳してごまかしてしまうものです。~略~しかしながら、ありがたいことに、清算のチャンスは必ずやって来ます。~略~「ものごと」が気づかせにやって来るからです。

・生真面目に取り組みすぎると。不安や恐れを自分がコントロールするのではなく、不安や恐れに自分をゆだねてしまうことになります。~略~強いストレスは自己免疫力を低下させるとも言われています。しかしだからといって気になるものは気になる。気にすまいというのは気にしていることで、それもストレスになります。だからこそ、「八方塞がりでも天は開いている」という言葉がお勧めなのです。夢中になって何かをしていても、ふと顔を上げて真っ青な空を見ると、瞬間的に「我」を忘れたようになりませんか。我を忘れる、それは完全にゆだねた状態だからです。


=====長くなったので続きは明日にします=====
スポンサーサイト
2009-02-28 23:53 : 読書感想/書評 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

見るとなんかワクワクする-No3

tt.jpg


富士山(1/20),新幹線(2/15)に続き、見るとなんかワクワクするもの3つ目。東京タワー。
まぁ、とはいえ、、そうでもないかなぁ。。どっちだっつー。

仕事で外出していたところ、目を奪われパシャリ。夜空に浮かぶ東京タワーは冴えますね。これに霧などがかかると結構幻想的だったり。電気代はかかってそうですが。

地上波放送が終わったら、役目が終わってしまうのでしょうか。単なる観光名勝ですか。
しかし新東京タワー(スカイツリーでしたか)は、総工費650億円。もったいないなぁ。大前研一さんのおっしゃるとおり、テレビはネット配信&ワンセグで良いのでは無いでしょうかねぇ。ただ経済効果はあるでしょうから、どうなのかな。
2009-02-27 18:13 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ファンキー!ソウル!! Wild Cherry / Wild Cherry

Wild CherryWild Cherry
(2008/03/01)
Wild Cherry

商品詳細を見る


高揚した時はさらなる高揚を!気持ちの良い時はレッツダンス!そんなアルバム。ノリ!が最高。落ち込んでいる時は聞かない方が良いです。

いきなり「Play that funky music」で始まると、あっと言う間に9曲が疾走していく感じ。ジャケットもエロくていいですよね。

"Play that funky music"は皆がどこかで聞いた事のある曲だと思う。このインパクトの強さ。"ファンキー"という言葉がぴったり似合う曲。"ファンキーな曲と言ったら?"という代名詞的にもなっているのではないだろうか。ソウル、ディスコアルバムだけど、"Don't go near the water"のような印象的なリフの繰り返しのポップな曲もあれば、しっとり力強いソウルフルなバラード"Hold On"も盛り込まれている。どれもしっかりした曲作りで、画一的になりがちなところを、それぞれ個性を持たせて飽きさせません。グルーヴ感も特質ものです。アルバムとしても完成度は高いと思います。

全体を通してギターの音も強調されていて、ロックが好きな方にも魅力的。私もその口で、20代前半、ある中古レコード屋さんで、Play that funky musicを初めて聞き、レジに行って、「今かかっている曲が入ったCDくださいっ!」と。おもむろにCDプレーヤーからディスクを出してくれたのを覚えている。
2009-02-25 21:30 : 珠玉の音楽たち(CD評) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

だったら自分で全部やれ

様々な決めごとに対して、スタッフが出した選定に最終段階で、自分の思い通りに覆す役員がいます。

これって端から見てても、自分がやられても、かなりストレスで、正直それゆえ部内のモチベーションが上がらない。しかもかなり不効率。だってそれまで、その判断の為にどれだけ情報を集めてきたことか。それでも覆すんだから、相当怪しい。

何か政治的なものがあるのか。それが良い悪いは別として、その決定を何としてでも通す構えなら、最初から言ってくれた方が何と効率が良いことか。

実際、私もこれをくらった。しかも前もって報告していたにも関わらず、選定を幹部に発表する当日の朝にだ。色々と反論もしたが、そうかなという説明もあったが、最終的には納得がいかなかった。その日はかなり荒れたが、幸い一緒にやっている老練の方が抑えてくれた。私「今日はスミマセンでした」老練の方「怒る事はいいことだよ」。ちょっと気がまぎれた。

それから、徹底的に第三者的な比較を持ち出し、決断を迫ることにした。だって、どう見ても彼の決定は間違っているのだから。私が余計なことを言っても逆に意固地になるだけだ。ここは第三者的なデータだけを持ち出す。データは雄弁だ。かなり困惑しているようだ。これでも決定を覆さないようであれば、相当何か政治的なものがある。それをあぶり出すだけでも現状に一石を投じることになる。さぁどうくるか、見物だ。今まではそれでウマく行ってたのだろうけど。

しかし何とも納得がいかない。何を言っても、それ相応な理由付けをする。それが何とも上手で、事情を知らない人(経営者なんか)だと、コロッとだまされるだろう。狸だな、こりゃ。

そこで思った。人の価値観って、どうしようもないものなんだなと。変わらないし、色々ある中で完全な否定はできない。たとえそれが有効なものでなくても、それなりの理由付けで何とかなっちゃうんだ。それが立場のある人であればあるほどに。。だからマネージャは重要なんだ。それをさらに見極める経営の目が必要なんだな。

そこを経営者に気付かさせるか、本人に改善させるかどちらかにしないと、会社にとっては不幸だ。本来、スタッフのモチベーションを挙げてこそ成果が出てくる。今はそんなことおかまい無しだ。幸い、そんな状況に気付いている人も居る。どうにかしないと。待ってろよ~。

あ~ 愚痴っちゃった。反面教師として、軽くあしらうのが賢い選択なのに。。まだまだ子供だな。
だけど誠実感を通した考えだから、悔いとは受け取らない!そんな自分に安心もしたりした。
このままで良い部分もある。

以前こんなことがあった。私はある億単位のプロジェクトで今まで使っていない業者さんをメンバの意見を集約して選んだ。しかし選ばれなかった業者さんは、社長と長い付き合いで直接社長に懇願しにきた。しかし社長は、「メンバが選んだ理由は的確だったから、諦めてくれ」と言ったらしい。その話を聞いて嬉しかった。そしてそのプロジェクトは色々な苦難があったけど、やり遂げた。今も順調に運用されているらしい。
2009-02-24 21:40 : ビジネス/転職記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

チョコレート

choco.jpg

大好物のチョコレート。こんなに美味しいお菓子はありません。

バレンタインに妻からもらったPierre Hermeのセット。わざわざネットで注文してくれていました。ありがとね。

お味は、、美味しいのですが、いろんな味(ごま、オレンジ、生姜等)のもので、いまいちしっくりきませんでした。残念。美味しいことは美味しいのですが、値段の割にという奴です。

妻も「日経で1位になってたし、話題だったから買ったのに、GODIVAの方が美味しいね」って。自分が食べたいから買ったんかい! まぁそれはおいといて庶民の舌では評価できないのでしょうか。

シンプルなチョコの方が好きかな。今度はプレーンで。

ここ数年、義理チョコすら頂けない悲しい状況。気持ちを頂けないのもそうですが、チョコレートそのものを頂けないのもとても残念なのでした・・。
2009-02-23 21:07 : mono/food : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

個性の尊重

個性って、尊い。

いつも困惑する。悩んでいる方に対しての 「そのままでいいんだよ」 という声かけ。
そう言われて、救われたというエピソードを聞く度に、私は困惑する。

自分自身に対して、"情けない" とか "ふがいない" とか "このままでいいのか" とか "これからどうなるんだろう" とか思い悩んでいる、自己嫌悪に陥っている人。時には自分もそうなるが。。

何かしら原因があって、そう思っているところ、深い事情を知らないのに、本当にそのままでいいと言い切れるのか?と。改善を促すなり、アドバイスなりが出来た方が本人の為なのではないかと。。

その人の力になりたいという思いだけが空回り。そんな時、良い言葉が見つからない。見つけた言葉が「そのままでいいんだよ」だと、困惑する。。言ってみて何か誤解されると怖いという思いもある。自信を持って声かけできる方、素晴らしいです。ちょっと羨ましくもあります。

でもなぁ、実は改善とかアドバイスとかとは別の次元のものだとも思ったりする。その人の個性を尊重する意味で「そのままでいい」ということなのも知れない。改善とかアドバイスとかはまた別のフェーズで話し合えばいいわけで。

自分がどれほどの人間なのかを顧みると、むやみに声かけする自信がないだけど。少なくとも友人であったり、何か助けになりたいと思える人であったら、「そのままでいいよ」。それは何故かというと、その人そのものを受け入れているから。多少、粗が合ったとしても、それを含めた"存在"が好きなのだから。そのままでいい。人間なんだ。完璧はない。その上で何か役に立てることが言えれば、出来ればそれで嬉しい。思いを届けたい。

逆に悩める人にとっても、何かしら依存や期待している人からの言葉だと、その言葉が何であっても思いが伝わるのかも知れない。そんな多面的に見たり、次元を変えてみると、様々なことが連鎖し、重なりあって、その"状況"を作り出し"心情"がうまれるのだと。あ~頭がぐるぐるしてきた。何はともあれ、

個性って尊い。 この感覚を忘れないようにしないと。。

2009-02-22 10:37 : 考え事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

トレーニングしてますねぇ

kabe.jpg ryo.jpg sign.jpg kuwata.jpg 

日本エアロビクスセンターにブラッと行ってきました。色々とイベント開催中で、「子供茶道教室-参加無料」という広告が入り、娘がやりたがってたので行こうということになったとさ。ちょっと早めに到着、しばらく待って いよいよ始まると、何か雰囲気が違う。それは単に、ある茶道教室で習っている子供達のお披露目会で、結局娘は見ただけで念願のお茶をたてることは出来なかったのですが・・・。泣く娘に、広告の書き方が悪いと言っても仕方ないので・・・。帰り路のミニストップで(私も)大好物のアイスクリームでご機嫌回復。

この施設は、著名なアスリートもトレーニングするところです。吹き抜け階段にあるレンガの壁には1Fから3Fまで360度すべてにサインが書かれています。これは壮観です。ありました、ありました、ハニカミ王子、石川遼くん。旬ですからね。サインケースもご覧のとおり。好きな桑田投手(巨人は嫌い、カープ命)のユニフォームも!他にも、カールルイス、ジョイナー、高橋尚子、渋井陽子、為末、荻原健司、カズ、清原、宮里藍、北島、マー君(田中将大)、サッカー日本代表、ラグビー代表、世界各国の陸上競技選手等々。

しかしこれだけ緑の中で運動するって、気持ちよさそうだなぁ。屋外施設はもちろん、室内トレーニングルームもガラス張りで森に囲まれている実感が湧くと思います。

この一週間、都会のコンクリートジャングルの中で、、会社でも色々あり。この森の中を、澄み切った青空の下、和やかな雰囲気で歩いていると、本当にホッとして、落ち着きをとり戻したような感覚だ。すっと深呼吸を2度。地球っていいね。有り難いことだなぁ。

茶道教室の他のもう一つの目的、梅祭り。梅園に向かう。まだ五分咲きくらいでしょうか。和太鼓をやっていて、子供達は見入ってました。梅と"和"って合いますよね、何となく。

ume.jpg
2009-02-21 21:20 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

癒されるわ

dog.jpg

妻の実家で、犬を飼いました。♂の柴犬。

じゃれて噛み付くけど、可愛いったらありゃしない。時が経つのも忘れます。

人間に飼われるなんて、本来の姿じゃなくて申し訳ないけど。

癒してくれて有難う。また遊んでね。

俺も君の気持ちを汲み取れるようにするね。
2009-02-20 21:00 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やるせない思い

何だかやるせない。しばらく続くのだろうか。

明日に期待が持てる日はいつだろう。

これも自分。

こんな繰り返しがあるから、人生なのだろう。これも日常なんだな、きっと。

尊い人生なんだなぁ。

と、気を紛らわせてみる。

良い事ばかりじゃないよね。そうじゃないから意味が出てくるんだ。

分かってるって。でもね~。

生産性のない時間。。バランスをとるためには必要なのかもね。

と、慰めてみる。

あ~情けない。でも時は進んでいます。もったいない。

打破していくのは自分でしかない。

しんどいね、流されたい~。

でも流されたく無い~。

どっちやねん!

うん、まだ大丈夫みたい。

2009-02-19 00:43 : 考え事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

自助論 / サミュエル・スマイルズ

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
(2002/03)
サミュエル スマイルズ

商品詳細を見る


1858年イギリスで出版されたのが原著、明治4年に日本語訳「西国立志編」が出版され、なんと100万部売れたと、訳者解説にある。

自分を戒めにはもってこいの本でした。ちょっと武士道に共通する物も感じました。

内容は、端的に人生は人格を高めることにあり、それには絶え間ない自己修行が必要だということ。自己修行には、勤勉さ、誠実さ、正直さ、謙虚さ、感謝、美徳、への努力を惜しまない。なかなか古くさい言葉が並ぶが、実はこれこそが不変の人間のめざすべきものだと思う。なので、読んでいて、しっくりするんだ。

何言ってるんだか、、と思わせないほどのエピソードや偉人の発言を数多く紹介している。"読書"という事柄ひとつとっても、娯楽で行き過ぎた読書は無意味だと。友人も自分より優れている人を選ばないと意味がないと。仕事を通してしか”知的素養”は生まれない、、と言い切っています。

そして金の亡者や名誉目的な行動をこっぴどく蔑み、金持ちでもそうでなかろうとも、そんなの関係なく、心の持ちようがその人の存在を決める要素だという。人格者は、どんな境遇であれ、周りから尊敬される。そして自分も充実する。才能がある人より、誠実に勤勉な者が最後には勝つということ。読ませたくなる人いますよね。さらに、人格を見るには、自分より目下の人への対し方で分かると。これには非常に納得しますね。昔も今も変わらないんだなぁ。

これらの素養は親から子へと引き継がれていく(いかねばならない)。教育って国の根幹をなすというのを再認識できる。これを読んで自分も「等身大の自分」を意識するとともに、大きく膨らますよう努力しないとという思いを新たにした。
2009-02-18 21:40 : 読書感想/書評 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

どうしようもない

思ってしまったことは、どうしようもない。どうやったって思いは変えられない。

受け入れるけど、どうしようもない。何も出来ないんだ。

こんなことに頭痛しているなんて、どうしようもない。

だからってどうしたらいいかなんて思わない。

まぁ時間が解決してくれるかな、、多分。

きっと考えれることが幸せなんだ。

そればかりじゃないけどね。

誰かに聞いて欲しい。

ひとりでいい。

面倒くさ・・

くない。

寝る。

夢。
2009-02-17 21:30 : 考え事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

お見事!職人芸

mokume.jpg


家を建てる時に作って頂いたキッチンの棚。炊飯ジャーや珈琲メーカーを置くためのスライドする部分のレールが動かなくなってしまい、工務店の方に見て頂きました。どうしても動かないので無理矢理はずして頂いたところ、

バリバリバリ~!!

見事、レールを固定しているネジが板を突き破り、台の表面に傷ができてしまいました。工務店さん、ちょっとマズいという顔をしていましたが、私は別に気にならず。3センチくらい確かに大きな傷が出来てしまったけど。。

「この部分をとっぱらって、その位置より右手の台を総取り替えさせて頂けますか?」と聞かれたのですが、せっかく一枚の無垢の木目の入った板で作って頂いたのに、木目の連続性がなくなるのもイヤですし、色もいい具合に飴色に変色していたのに、またその部分だけ新品の色になるのも変だし、そのままで良いですという回答をした。

であれば、傷をなるべく目立たなくさせるということで、修復のプロ集団に修理をお願いするという工務店さんの計らいにより、来て頂きました。私は出勤しててみれなかったのですが、2時間くらいかけて修復したものがこの写真(修復前の写真を撮ってなかったのが失敗でした~)です。どこか分かりますか~?

めちゃめちゃキレイ。見事です!!でもこれでも納得していなかったというのですから、自己満足しない職人気質なんですねぇ。素晴らしい。

有難うございました。

2009-02-16 21:35 : 家づくり・建築・庭 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

見るとなんかワクワクする-No2

2008/1/20のブログに書いた”富士山”に続いて、何か見るとワクワクするもの、、新幹線。

先日ポケモンセンターに行ったことをブログ(2/11)に書きましたが、その帰りに子どもに新幹線を見せに列車の見える店に行きました。子どもは狂気まではいきません(いってたら怖いわ・・)が、とても楽しそうです。私も面倒くさいなという気持ちもしません。何かいいですよねぇ。たまに新幹線に乗ると何となく嬉しいものです。子供心が残っているのか、そういうものなのか。。鉄ちゃん(鉄道オタク)ではないのですが、ああいう方達がいらっしゃるということは、人間として何か琴線に触れるものがあるんでしょうね。

shinkansen.jpg
2009-02-15 21:26 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

は~うっとり。貴婦人!

train1.jpg train2.jpg


貴婦人という愛称の機関車C57が地元を走る(SL春さきどり号)ということで、見てきました。

正直に申しますと、、 予想に反して 「感動!」  しました。

遠くの方で汽笛がします。この汽笛がまたいいのですよ。乾いた空気に凛と鳴り響きます。
真っ黒な煙も上がっているのが見えます。もうここで期待で胸がワクワク。踏切の音が鳴り、いよいよです。煙がこちらに近づいてきました。そして。

愛称に恥じないその優雅な姿、ノスタルジックな汽笛の音。何とも言えない世界観でその場の雰囲気を一変させます。電車とは違いシュッシュッと力強くややゆっくり目に走っていく様は、何とも人間味があります。なんでしょうか、この和む心地は。

見物客が多い中、踏切で見て、さらに車で先回りし、今度は多少離れた場所から。


子どもたちも喜んでくれて良かった良かった。実は子どもの為に連れていったのだが、私のほうが楽しんだみたい・・。おそらく走っている蒸気機関車を見るのは初めてだと思う。そこは子どもと一緒だから。明日も見に行こうかな・・。
2009-02-14 21:02 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

残業のジレンマ

残業管理。。ゼロベース。。。

確かに人件費的には効果があるのだろう。36協定など法令遵守には必要なのだろう。それは理解している。

だからって、はいはい対応しまっせ、管理しまっせって単純に右にならえするのって、芸が無さすぎないかなぁ。スマートでないというか。そういうのを考えるのが人事であって。世に出回っている方法をやるだけだったら、アウトソースでいいんだよ!とついつい愚痴りたくもなる。

もっとやり方あると思うんだよな。働き方には多様性を持たないと。考え方は人それぞれ、仕事に対する姿勢も人それぞれ。時期によっても都合は違う。仕事内容によっても違う。そういった多様化に対して、一律の制度自体がしっくりこない。例えば自分が成し遂げることにポテンシャルを感じている人に上から蓋をされるってとてももったいない。最近のセキュリティ状況では自宅でも仕事できないし。

選択肢と平等感が必要ではないか。それなりのポテンシャルにはそれなりの選択肢がありそれなりの給与で。残業無しが都合が良い時も、もっとやる気がある時もあるし。それが納得解なのだから不満は出ないとは思うのだが。ただその仕組み作り、評価方法はかなりの知恵が必要。そこを考えないと。当然、慢性的な働き過ぎにならない、気付くようにするのはあると思う。

お金(給与)を超越したやりがいのある仕事をしている人は、時間なんて関係ない。そういう人は死にはしないような気がする。やりたいことを達成する為には、休憩もするだろうし。そういう踏ん張りがないと、抜きん出れないと思う。今の大企業は、成長期はがむしゃらに働いたと思うのです。。そうしたことが今に繋がっているわけで。

といっても意志に反して働き過ぎを暗に放置しておくのは良く無いと分かっています。何かジレンマだな~。

2009-02-13 21:30 : ビジネス/転職記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ビジョナリー・カンパニー / ジェームズ・C. コリンズ、ジェリー・I. ポラス

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
(1995/09)
ジェームズ・C. コリンズジェリー・I. ポラス

商品詳細を見る


ビジョナリーカンパニーとは、業界で卓越し、広く尊敬を集め、大きなインパクトを世界に与え続けて来た企業のこと。このビジョナリーカンパニーが、いかにビジョナリーカンパニーたるかをデータやエピソードを用いて説明し、ビジョナリーカンパニーにとって必要なもの、ビジョナリーカンパニーになるために必要なことを解説している。

18社のビジョナリーカンパニーを選び、それぞれに比較対象企業と対比する事で(フォードとGM、HPとテキサスインスツルメンツ、ソニーとケンウッド等)、その違いを明確化し、さらにビジョナリーカンパニーに共通するエキスを抽出して、時代によらない不変の要点を示すという流れ。膨大なデータに裏付けされており、反論に対する理論武装も怠っていないことなど、非常に納得感がある。仮に会社に対してこの本に書いてあることに基づいて何かを提案したとして、「もっと裏付けが欲しい」というような意図の指示が出たとしたら、それはとんでもないことだ。この本自体が"裏付け"であり、いち個人、チームでこれ以上のことが出来るとでも思うのか(万が一出来るとしてどれほどの年月がかかるだろう)。他のビジネス書で述べていることの裏付け(多くの同じような思想が語られている)となり、相互補完となり、正否の判断基準である。

これがエッセンスというような、最終章に覚えておいて欲しい4つの概念の明記がある。

①時を告げる予言者になるな。時計をつくる設計者になれ。
②「ANDの才能」を重視しよう。
③基本理念を維持し、進歩を促す。
④一貫性を追求しよう。

①は継続性を意味する。一時のヒットや反映ではなく、それらを継続させる仕組みが重要だということだ。それにはカリスマ経営者や天才が必須ではなく、自己満足や慢心に陥らず(決して満足はしないと表現されている)、いつでも誰でも方向を誤らず前進する推進機能、チェック機能、文化。。継続は力なりだ。

②ORではなくANDだ。2者択一の選択肢でも、両方を選択する姿勢。短期利益と長期利益といったような相反することも、一方を達成するか一方はダメだったというような言い訳はできない。両方を得るのだという。なるほどこれは新鮮だ。どちらかしか取れないというような単純な世の中ではないんだ。脳から汗が出る程考え抜けば出来ない事でもないかも知れない。実際、そういう経験が思い浮かぶ。2兎を追うもの2兎を得るんだ。

③基本理念はいつの時でもどんな状況でも通用するようなものでないといけない。そしてそれに基づいた前進を怠らない。変化の激しい世の中ではなおさらで、大量のものを試して、うまくいったものを残す。長期的視点から教育や研究、開発などはどんなに苦しくても継続しないといけない。
 あと、意外なのは、理念の維持には生え抜きの経営陣が良いという事。よく考えればそうかも知れない。それができればベストだ。外から連れてくる人材は、どうしても目先の利益に専念し、理念が引き継がれない可能性がある。また株主優先となってしまう可能性もある。生え抜きであれば、それらを超えた理念が継続される。やり方は変わるが、理念は継続できるのだ。だから偉大な経営者は、後継者選びを重要視するというのも理解できる。
 大きな目標を立て、達成後のさらなる目標も準備するなどの方法も紹介されている。できっこないと思ってはおしまいだ。大きな目標を持つ事の重要性を説いている。

④基本理念は形骸化しているところが多いのではないか。そうではなく、日々の行動、判断もその理念に基づいていないといけない。何事も理念に反していないか確認する必要がある。一時の誘惑や流行に流されないようにしないといけない。小さい事柄の積み重ねで理念が浸透していく。
そうした文化は、時にはカルトのようにもなるという。行き過ぎには注意だが、ひとつにまとまる様々なメリットは見逃せない。

これらの指摘の根底に、人間のあり方を踏まえているので、とても納得がいくのだと思う。名声や資産だけに捕われる者はその後のことなどお構いしない。そうではなく、人は世に貢献することに充実感を覚えるという性質。自分が居なくなる時代のことも考える(人はいづれ死ぬ)、ということ。

読み終わるとビジョナリーカンパニーで貢献したい、さらには作りたいと思わざるを得ない衝動に駆られる。どんなに張りのある日々になることだろうかと(確かにこんなポテンシャルの社員がいて効果的でないわけがない。いかに社員のポテンシャルを引き出すかが重要だろうことは容易に理解できる)。
そこで私たちを勇気づけてくれる。このような取り組みは会社単位でなくても、組織単位でも充分効果があるという。またいかなる状況でも打つ手はあるし、凡人であっても可能だということだ!

ただ自由になり(管理されずに)楽をしたいという潜在的に心地よさを求める心理、短絡的な考えには釘がさされる。自由には自己管理、引き締めが必要なのだ。それで初めて成り立つ。結果を求められ、周囲によって評価されるという戒めもちゃんとしてくれるところも憎い。厳しさの中に充実がある。苦労の末に達成がある。

先に読んだ「経営の未来」と共に、経営ということについての思想形成に大きな影響を与える本となったし、なり続けるだろう。またいち個人としても理念を継続した前進をし続けないといけないと認識した。
2009-02-12 21:45 : 読書感想/書評-IT&ビジネス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

子連れショッピング!

妻を1人にしてあげようと、子ども達を連れ出す。どこに行こうか迷ったが(それほどでもないけど)、ぱっと思いついた。

ポケモンセンター トウキョー@浜松町

休日だし、強烈な混み具合を予想していたが、、予想よりはマシだった。それでもまぁ人が多いこと。子どももそうだけど、大人も必死。ねぇねぇお父さんお母さん、もっと冷静に冷静に。あなたたちが前に立ちはだかって子ども達が思うように商品見れないじゃん。。

クタクタになった身体にむち打って、狭いマックで高コストのハッピーセットを食し(私は\120マック)、東京駅地下の東京1番街に新しくできた東京キャラクターストリートへ移動。

各テレビ局のキャラクター商品やおみやげが、各テレビ局毎に売られている。なかなか楽しい。しかし何でもキャラクター商品になっちゃうんだな。ガキ使いのヘイポーのペンとか。。芸能人じゃないだろ~。子どもは大受けで良かったけど。

それから新幹線を見て帰りました。疲れた~~。けど、子どもとの貴重な時間だと思うと尊いわ。

2009-02-11 20:29 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

痛い回想-2 羞恥心がなせた行動

理由は分からないが、痛いは痛いがそれほど酷いことだと思わず、「しばらくすれば治るから休ませて」と家族に言ったものの、時が経つにつれ激痛が。。それでも脱臼かと思っていた。

陽は落ち暗くなって来た。

妻「救急車呼ぼうよ」

私「引っ越す前に有名人になるのは、イヤだ!」

妻「そんなこと言ってる場合じゃないでしょっ!!」

私「絶対大丈夫だから」

そんなやり取りをしている間に真っ暗。子供達も心配そう。しかし痛くていたくて運転できない。やばいな~と。仕方ないので、やりたくはなかったが、そこから車で30分くらいのところに居る両親に来てもらうことに。

その間妻は日曜日でもやっている病院を探してくれていた。で、両親到着~。いつまで経ってもバカな息子をどんな感じで見ていたことか。哀れな親。。いざ、車を乗り換えようとしても、身体の筋肉をちょっとでも動かすと腕に激痛が走る。結局車を乗り換えるのに十分以上かかったのではなかろうか。

無事病院へ到着。早速レントゲンなのだが、車降りるのにも時間がかかるくらいだから、レントゲンを撮る格好をするだけでもひと苦労。いざ、診察室で先生とご対面。で、、

先生「ダメだこりゃっ!」

えっ???何が???? いかりや長介じゃないんだから。レントゲンを凝視している先生に再度「何がダメなんでしょうか?」

先生「左腕見てご覧。ここぐちゃぐちゃ。こりゃ~どうしようもない」

ちょっとー。それ患者に吐く言葉??しかも吐き捨てるように。さらに追い打ち

先生「右腕も骨折してるよ。今日はとりあえず入院して行って」

えーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!! 予想外。すっかり処置して帰れると思ってたのに!ってなぜゆえ、そんな楽観的?

それからが地獄でした。

先生「骨を元の位置に戻してみるから。」
看護士「ちょっと抑えますよ~。奥さんも手伝ってください」

と言って、麻酔もかけずに粉々な左腕をギューギューつかむは押さえつけるわ。おーーーい!

「イテー!!!」

と叫ぶ俺。必死の形相の先生。でもなぜか冷静な自分が、叫ぶ自分を見ているような感覚。なんだったのだろう。余りの生命の危機を感じたのか、幽体離脱でもしたんかな。とでも思ったら

看護士「奥さん、大丈夫ですか?大丈夫ですか?」

えっ??何?何? 妻は余りに痛がる私を見て、気絶寸前でした。妻退場~。代わりにバカ息子を迎えにきた親が抑えにかかりました。。。

ようやく済んだけど、また石灰みたいので固定するのが痛いんだ。。しかも両腕ですよ。このバカ姿。俺はミイラか。そんなこんなで診察室を出たら、なぜか皆の注目を浴びていた。。よくよく思い返すと、そうとう大声を出していたらしいので、待合室まで聞こえていたということか。何とか復活していた妻曰く

「救急車で運ばれてくる人より、パパの方がよっぽど重傷だよ」

と半ば諦め顔。こんな姿を見ながら帰って行った家族、両親の気持ちは悲惨だ。。スミマセン。。
とはいえ、命に別状がなく、この程度で済んで良かったのかもと、呑気なO型の性格が出て、まさか自分が、いやいや自分でしょと分け分からない心情でした。
2009-02-10 21:07 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

痛い回想-1 それはやんちゃなアホでした

粉砕骨折したのは、3年半前。

待ちに待った自宅の上棟式があり、その翌日も家族と工事現場へ。その日は日曜で工事がやっていなかったのに、柵を乗り越え工事現場へ。柱をよじ登って、2Fへ。いや~景色が良い。紆余曲折あり、ようやく巡り会えた土地。どんな眺めかいち早く確認したかったので、カメラを持って自然と行動していた。

ひととおり満足して足場をつたって下に降りていた。そこで、ちゃんと下まで降りて、柵を乗り越えればよかったものの、横着心から、足場から柵を伸び越えて道路に飛び降りた。

が、、、一瞬ヤバイと思った瞬間、足場が折れ、思ったより飛べなかった為にギザギザの柵の上部にに足がロックされ、勢い良く頭から道路に叩き付けられた。。

両足がロックされたため、受け身のとりようがなく、両腕から落ちたらしい。で、一瞬の出来事に気付いたら道の上。おっ、意識はあるなと。まず気にしたのが前歯。不思議な物で、即差し歯にしたときの金額が弾き出され、あ~もったいね~と考えた。運良く、折れずに欠けたくらいで済んでいた。血も出ていない。なぜか妙に冷静。

ラッキー!と思った瞬間、両腕に激痛が走っている。これはマズい!しかし倒れたままでは仕方ないので、速攻起き上がり、車までダッシュ!し運転席に座り込んだ。ここまでの行動は自分で言うのも何だが、非常に素早かった。素晴らしい(アホ)。

そこには、様子を見ていた妻と子ども2人が不思議そうな目で。しかしうずくまる私を見て事の重大さを悟ったようだった。。

# 後日確認したところ、その足場は支えがなく、本来は人が乗らない足場だったとのこと。
# 皆さん、工事現場には入らないようにしましょう!

2009-02-09 21:48 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

これでリハビリ

kikai.jpg

ギブスをとった粉砕骨折した左腕は全く動きません。この機械をつけてリハビリリハビリ。

二の腕と肘から先を固定して、無理矢理左腕を振り子のように動かすんです。原始的なんです。結構重たいんです。動かす角度をほんのちょっとずつ増やしていくんです。無理すると結構痛かったりします。すぐバッテリーが切れちゃうんです。はぁ~、面倒くせ。でもこのまま腕が動かなくなったら洒落にならん。ひたすら頑張るしかないですね。リハビリ生活も楽ではありません。
2009-02-08 21:11 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ドラえもんの手

hand.jpg

昨日のブログの写真は、、、私の左腕です。レントゲンですが。
粉砕骨折を見事手術で直して頂いた後の姿。沢山のネジで固定されています。まぁ粉砕してますから・・。ぐちゃぐちゃ。よく組み立てたものです。

そしてその時の手がこれ。元の状態が分からないくらい大きく膨れてますよ。
それはそれはとても痛ーございました。
2009-02-07 19:02 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

痛たた

korenanda.jpg

何じゃこりゃっ?! 松田優作。
2009-02-06 19:21 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ぐぐぐ

ぐぐぐとくる歌詞って時々ありますよ。

奥田民生さんの"さすらい"という曲。シンプルな曲ですが、本当に名曲で。

「さすらおう この世界中を ころがり続けてうたうよ 旅路の歌を」
そうなんだよね。歌の最後に
「さすらいもしないで このまま死なねえぞ」
で締めくくります。

「さすらいもしないで このまま知らねえぞ」とも聞こえて。。ドキっと。


あともう一つ。

「Around the world いつでも自分に負けている人は何も掴めない
But don't run away 'cause if it's ok
I'll change the world into something better honey!
(大丈夫だからそこから逃げないで 僕はこの世界を変えてみせるさ)」

~Monkey Majik / Around the world

2009-02-05 21:27 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

クールな2人 - その2

先日飲んだ2人のうちもう1人は同期。東大卒(しかもマスター)で、さらにめちゃくちゃかっこいい。福山雅治バリか(褒め過ぎ)。モテるだろうけど、そんなこと気にせず淡々としているところが嫌みがない。

そんな彼も独特の波長。クールという言葉がよく似合う。一見無口そうで、でも一緒に飲むとよくしゃべるんだ~、しかも早口で。サイボーグではなくて、人間でした。

芯を持っていて、芯がぶれない。「俺は退職するまで技術家」と堂々と言い放ってた。そこには誰にも負けん!という知識と、「結果は同じでもそこに至るプロセスの美しさにこだわる」とする思いがひしひしと感じられ、かっこいいんだ。

何事も感情を入れず正当に評価するその姿勢も素晴らしい。彼は言った「大学院時代の教授は俺の事そんなに気に入ってなかったけど、結果に対しては正当に評価してくれた。さすがは最高学府の教授だけあると思った」と。なんて生意気な学生・・・。「大学院でやってきたことは直接は仕事と関係ないかもしれないけど、そこで学んだ設計のプロセスはものすごく役立っている。」ちゃんと感謝もしてるじゃん。惚れる~。

先の先輩と2人で、国立の大学行って税金使ってるんだから、もっと貢献せい!といじめました。。

こんな2人と楽しく飲めるなんて有り難いことです。
2009-02-04 21:40 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

クールな2人 - その1

先日ある2人の元同僚と飲みました。相変わらず楽しい。刺激にもなった。有難うございます!

1人は先輩。背が高くてかっこいい。すごくオーラのある方で、ある人は芸能人みたい、と。
同時期に会社を辞めたのだけど、数人以外誰にも何も言わずに辞めていくという離れ業、ちょっと変わっているでしょ? その方は、一見おちゃらけて見せるけど、かなり厳しい。頭もキレ、時たま見せる鋭い眼光は魅力的。仕事のやり方、考え方はすごく一緒にやらさせて頂いて勉強になった。転職活動を始めたとき、その方に呼ばれて「お前、何か隠してるだろ」とすぐにバレた。そしてエージェントを紹介してくれた。とにかく人を見る目がスゴい。そんな方に良く面倒を見て頂け、またこうして付合い続けてさせて頂けて本当に嬉しい。

その後どうですか?と聞いたところ、「1年半でようやく染まって来たよ」と。要はやっと自分の考え、カラーが浸透したと。情緒重視の会社だったところ、詳しくは聞かなかったが、能力も当然必要ということを訴えていたのだろう。「何を勉強すれば良いですか?」と後輩に相談されたことをとても嬉しそうに話していた。手応えがあるのだろう。

「時間はかかるもんだな」 「10人中1人でやってても"何だ?"と思われるが、2人になると"おっ?"と気になり出し、3人になると"良いのかな?"になり、5人になるとやらない5人が惨めになる。不思議なもんで。」と。なるほど。

私も半年前は会社にイライラしていた。しかし前職でのことがあるので、じっくり時間をかけようと決意した。そんな心情を察したかのような話。実はこの尊敬する先輩に聞こうと思ってたことなんだ。俺の顔に質問が書いてあったのかな?聞かなくても話してくれた。。

もう1人は明日書こうっと。
2009-02-03 21:18 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

輝いていますかねぇ?

「気持ち良くなる!」

"今"を大切にしたい。気持ち良くなることは、自分が良い方向に向かっているという思い。辛くても気持ち良いこともあるし、気持ち良いダラダラもある。とにかく納得して過ごしたい。嘘のないように。。後々振り返ったとき後悔のないように。。客観的に振る舞いが格好悪くないように。。

さらに達成感があると、充実していると、輝くんですよね。そうなればいいけど、あまり欲張らず、将来を見据え、とはいえ目の前のことを頑張る、と。それと人との触れ合いの中で、刺激刺激されつつ楽しみたいですね。これは永遠の思いなのかもしれないなぁ。

ようやく今年の目標決まったよ、これ。ちょっとすっきり、半分勢い、半分無理矢理。まぁいっか。

2009-02-02 18:06 : 考え事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

来た~っ!

oda.jpg

えっ?何が??
2009-02-01 20:15 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

Thank you for visiting

korogaruishi

自分を信じ、転がり続けること
Twitter ID : korogaruishi

便利!ブログ内検索

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ(タブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。