スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

グローバル・マインド 超一流の思考原理 / 藤井清孝

グローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのかグローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのか
(2009/01/17)
藤井 清孝

商品詳細を見る


著者の就職活動からマッキンゼー入社→ハーバード大学MBA→ファーストボストン投資銀行→ケイデンスデザインシステムズ日本法人社長→SAPジャパン社長→ルイヴィトンジャパンCEO→・・・と続く華麗な経歴を、その時々の思考や環境を交えて振り返る内容です。

その中で、いかに日本人がグローバル的に活躍できる土壌がないか、活躍できる人材が育っていないかを憂いていて、何とかしたいという思いが伝わってきます。何が必要なのか?何が違うのか?ということを説いているわけですが、グローバルでの経験が、その指摘に納得性を持たせています。また、サブプライム問題やリーマン破たんなどの世界的な出来事に対する解析を加えているのですが(なぜ起きたのか?)、その原因となる背景の説明が非常にリーズナブル。そして成功者が成功していく話は心地いい。ヘッドハンティングやら社長として採用される話やら、そしてビジネス拡大していく話。。
何はともあれ、海外に出ている方、出ようとしている方は読んでおくととてもためになるでしょう。

あ~なるほどと思った内容の一部ですが、たとえば日米の文化の違いで、

・キャピタル構造の違い:米国ではベンチャーに対してリスクを持って投資するのに対して、日本ではベンチャーキャピタル自体が親会社が銀行等の硬い金融機関の為、結局審議が若干ゆるい高金利貸し状態になっている

・シリコンバレーのある技術にとどまらず、ある工程だけを武器とする小さい企業、いわば特化型に対して、日本はそれらを束ねた大企業が存在する。技術革新のスピードや多様性の変化のスピードが速く、技術や工程がパーツ化されインタフェースの標準化で結ばれる製品・サービスの形態がフィットしている現状では、前者の特化型が優位。キャピタルが分散されそれぞれ育つし、育てばその分野のコアカンパニーとなり、さらに周辺ビジネスを結びつけるプラットフォーム化(マイクロソフト等)して高利益な会社が出てくる。その分企業寿命も短い。一方後者は、キャピタルは大企業に集中され、しかし特化していない為コアカンパニーとなりにくい。(寿命は長いが、もはやそうとは言えなくなってきているのでは?)

といった解析。うんうん、とうなずいてしまいます。


この手の本にありがちな、"日本人"についての解析もあります。やはり世界を舞台に活躍する方は、日本人が何たる人種なのかということを意識せざるを得ないのだなと感じます。そして他の本と同じように、論理的解析に入ります。地学的特徴、その歴史、単一人種・・、なぜゆえにこのような特徴が生まれてきているのかと。初めて読まれる分には知的なふれあいを感じるだろう。

論理的思考が出来ている方の文章は、ことごとく分かりやすい。例えもうまいし、内容も簡潔。言葉の選び方に余分なものがなく、ホント感心します。一方、あまりに理詰めな感じが、"感情"の考慮が抜けているようで、普段の営みに落とし込んで考えた場合ちょっと疲労感を懸念してしまいますね、勝手な想像ですが。論理的思考な達人どうしの会話だったら心地いいのでしょうが、世の中そういう人ばかりでないどころか、違う人の方が圧倒的に多い。だから出来る人は際立つわけで、それこそ著者のいう多様性への寛容ということを考えないといけないのではないかと、本題と違うところの思いに至った。感情を優先させてしまう人間の性質には、何かしら理由があるに違いない。

アメリカを舞台にマネーゲームで巨額に稼いでおいて、そのビジネス(マネーゲーム)自体が何も生み出していないとして業界を離れたとあるけど、そんなの始める前から気付いていたはずだし、日本のためと言いつつ外資系企業ばかり渡り歩いている経歴を見ると違和感を感じるのは私だけだろうか。外資系だから日本に貢献しないわけでもなければ、短期間しか在籍しないのは外資系の文化なのかも知れないけど。。こう考えること自体がダメなんでしょうね、きっと。驚いたのが、先日ブログに記述した外資系の人材流動性の実態の内容が、この本では海外の出来ごととして同じことが書かれていたのには驚いた。複数人が"チーム"となり、それが機能特化化していて、その機能を必要としている会社にチーム単位で歩くという、、やはりそうだったのかーという思いです。

ちょっと蛇足が長くなってしまった・・・。
スポンサーサイト
2010-05-30 21:00 : 読書感想/書評-IT&ビジネス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

遠距離通勤の味方です

hwb1.jpg hwb2.jpg

銀座から最寄り駅まで、高速バスが深夜まであります。有難い有難い。
飲みで遅くなったときはすっかり眠って帰るけど(降りるバス停を告げておくと起してくれる!)、仕事で遅くなったときは切ない気分で、車窓を眺めます。。雨なんか降ってるとなお。

時間帯問わず頑張るトラックの運転手さん。首都を抜けると、葛西臨海公園の観覧車(深夜便だと消えてたかな、、!?寝てるから分らない・・)。

hwb3.jpg

で、、、翌朝、早朝バス(!?)。何をやってんだか。。
早朝の銀座は人もまばら。歌舞伎座の最後のお姿が拝見できます。既に工事用の仕切り壁が作られていました。

いや~、乗り換えはないし確実に座れるし、楽っちゃ~ラク。癖になりそう。有難いですなぁ。バス会社さんには頑張って頂きたいものです。(時間に約束があるときは渋滞の可能性も考えて乗れませんが・・・)

*本読むにも新聞読むにもバスだと揺れがあってどうも出来ない。飛行機みたいに、座席毎にディスプレイつけて欲しいいわ。有料でもいいんじゃないかな?広告ビジネスで無料がベストだけど。
2010-05-28 21:31 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

都心の遊園地

tdc1.jpg tdc3.jpg

土地代が高いからか、ビルの隙間を縫ってジェットコースターが・・(当然眺めただけ。いつ娘が乗りたいから一緒に・・と言い出すか心配の種)。ここまでして作るとは、いやはや執念ですね。不可能なことはない!こんな都会の中心にこれだけの遊園地があるのも、東京くらいなものではないかな。。

日本らしく、神社もございます。よく見ると鳥居の前に銀色のポスト。かと思ったらさい銭箱でした。盗む輩がいるからか、しっかり地に足がついていました、、良い事なのか悪い事なのか。

tdc4.jpg tdc2.jpg

私は乗らなかったのですが、観覧車。こちらもビルの谷間だとそれほどなインパクトはないのですが。。妻と息子が乗ってきたら、、早くも観光地化しているスカイツリーが見えたそうです。まぁ毎日通勤電車の中からも見えるのですが、こうやって見ると、ひときわ目立つちますね。税金の無駄遣いと思いますが、ここまできたら必殺仕分け人にも止める事はできないでしょう。
*せっかくだから、"スカイツリーが見れる!"という看板を立てただけで、1-2割は乗る人が増えると思うのだが。。そすれば、多少税金も増えるから経済効果的には無駄遣い度が減って良いかも。東武ワールドスクエアなんてうまくやってるよなぁ。

ひととおり遊んでマジクエストでムキになって一緒に探し回り(あと何回行けばクリアできるのか・・)、さわやかな疲労(?)。

GW明けということもあって、午前中に行くと思ったよりは空いてました。良かった良かった。アイドルのイベントがあったらしく、ちょっと触れたく無いオジさま、オニイさま方を拝見できたのは、いい社会見学になり、ました。
2010-05-26 21:00 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ヤドカリ

外資系の大手企業の人事の実態。

経営層が変わる、ビジネス方針が変わる、リストラする、買収される、撤退するというよく起こるタイミングで、幹部は辞めさせられため同業他社に転職します。すると、その幹部は元部下も連れていきます。そういうことがグルグルぐるぐると3、4年の周期で起こってます。

当の本人たちは、また一緒になったな、なんて言ったり、あいつとあいつは今同じところだ、なんて、、業界は狭い。

かたやユーザからすると同じ人(営業や担当エンジニア)が違う製品を売りにくるといったことが多々ある。 昨日まで悪口を言ってた製品を売りにきては、もともと売ってた製品は実はxxがダメなんです。。とか。「xxxの件はどうなっているの?」「xxx製品の具合が悪いのだけど?」と問い合わせると、「あっ既に担当は転職しております」。どうですか?信頼できますか?

高給取りの転職情報(求人)は外資ばかり。金で人を釣るけど、短期間で成績をおさめられなければクビ。とっかえひっかえですわ。本人も金目的で転職を繰り返す。慣れたもんです。短期間の成績が勝負なので、転職後も利益優先に拍車がかかる。何かあったらまた転職すればいいや、と。あなたの会社と付合いがある外資系の担当が、個人の利益しか考えてなかったらどうしますか?

すべての人がそうなわけではありません。実際、ユーザの利益を考えて長期な信頼を築いている人もいます。そういう人材をかかえている外資は強い。また割り切って付き合うのであれば、有効だと思います。というか、そういう思想ですから、そうすべきです。まさに合理主義。それはそれで分り易い。ホントはそうなんでしょうねぇ、でも何か違和感あります。人間ですから。

だいたい分りますね、外資系の人って。雰囲気で。ひどいのになると、英語としゃべりが巧い(巧いというのは、上手ということではなくて)というだけで"偉い"と勘違いしてますからね。まぁそれを見抜けない外資企業もアホですが。

その点、日本企業はやはり信頼感は(まだ)ありますね。応援してるし、うまくお世話頂いているところもあるけど、大手日本企業もダメダメなケースは結構ある。。

あっB2Bでの話しです。B2Cの製品に限っては創造性・デザインの面で・・・残念。
2010-05-24 21:11 : ビジネス/転職記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考 / 平野 敦士 カール

たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考
(2009/12/18)
平野 敦士 カール

商品詳細を見る


おサイフケータイを世に広めた平野さんが、仕事をする上での思考方法や行動指針を解説する内容です。惜しげも無くノウハウを提供して頂いていることを実感するとともに、何となく人間愛の温かさを感じます。これはオススメです。

情報や知識が散在/深化しており一人だけ何事もやろうとするには無理があり、当然衆智を集めた方がより効果的な現状がある。そこで、衆智を集める仕組み・環境を"新プラットフォーム" とし、その環境を作る側の作る為の思考をタイトルでもある"新プラットフォーム思考"と読んでいます。企業であれ、部署であれ、個人であれこの思考を持ち、プラットフォームを作る事が重要だということを説いています。

企業であれば、まさにおサイフケータイのように、docomo,au,softbankがすべて利用できる技術だし、昨今導入が進んでいるクラウドのAmazon等も正に色々な企業やベンダ、個人が使えるプラットフォームです。それを部門や個人にも当てはまるとしています。確かに個人が勉強会をすれば、部署とわず参加できる環境が出来ます。

テーマが"プラットフォーム思考"となっているけど、これはビジネス上どこでも通用する内容です。それは、仕事は"人"であり、著者はそのことを十二分に理解されているから納得感があるのだと思います。実際の現場での経験が書かれてありますが、上っ面だけでないことは、その内容で分ります。

協業企業や自分の部下など相手は違えど、相手の利益を考えることとリスペクトが根底にある行動が重要ということが分ります。基本と言えば基本なのですが、ひとつひとつ鉄則を唱えていくことでしみ込んでいくようです。例えば、難しい交渉では6:4で相手にメリットがあるようにするとか、ギブ・ギブ・ギブ&テイクくらいの思いで10年後に何か利益があればいいやという考えや、相談で活路を開くとか。

また、ランチミーティングや勉強会の推奨から英語の勉強方法からビジネス書の読み方まで、非常に具体的で幅広いなアドバイスもあります。


手元においておきたい本ですね。自分の考えている事と非常に似ており、本当にこれでいいのかという不安を安心に変えてくれました。当然それだけではなく、得るものも多い。迷った時の思考の確認や指針を作る時のアドバイスとしても使える。タイトルのプラットフォームは上記のようにアライアンスで色々な企業や人が参加できる共通の場の意味ですが、思想の奥底にあるバックグランドという意味でのプラットフォームの構築ということも感じました。

サラリーマン根性を捨て、会社に居ても起業家としてふるまおう!

と思える刺激を受けました。果たして情熱的にサラリーマンをしている人がどのくらい居るでしょうか。人を情熱的にさせる環境を作りたいとは思えど、それより前に自分に情熱が欠けてないか??と疑う。痛たたたた。

2010-05-22 20:21 : 読書感想/書評-IT&ビジネス : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

おっかいっものっ♪

die.jpg

あ~ DIESELのジーパン、膝が破けちゃった。。破けても履けるのがジーパンの良いところですが。。
ということで、新しいのを購入しようと、、ただDIESELは高すぎです。確かに1本1本 人が色落としているんだろうけど。。今回ジーンズに2万以上は出す気はなかったので、諦める。

je1.jpg e2.jpg

で、ポイントは、ジッパーではなくボタンフライ! 何となくボタンフライが好きなんです。上から割くように両側に開くとボタンがバチバチと開く感覚がいいし、見た目も好き(って誰が見る??誰か見て~、、オイオイ)。しかし、面倒なのが嫌煙されてか種類がなく、見つけるのに苦労する。前回は定番リーバイス501(ボタン)を購入したので、別の。

ようやく見っけたのが、TOMMY HILFEGER/トミーフィルヒガー(よくトミーハリフィガーと発音してしまう癖をどうにかしたい)。1万ちょい。ここはボタンフライが結構揃ってた。有難い。で、早速何本か試着し、これ(写真)にした。裾あげ無しで、長さがピッタリだと、俺の為のジーンズだ! と勝手に思ってしまうバカ。でも裾の色落ち具合がそのまま残せて(裾あげ時に切ってしまうと、キレイになってしまう)いいです。今あるジーンズはほとんどこの勘違いで購入してます。良く言えばフィーリングですかね~、、バカまるだし。

ワンウォッシュくらいの色だから、今後色が落ちて行くのが楽しみです。
そういえば、トミーハリフィガーの製品購入は初です。ど~かな~。

vict1.jpg

あとこれからの時期、Tシャツ。何シーズンか購入しなかったら古くなってしまったので。ここ数年、お気に入りのブランド「VICTORINOX/ビクトリノックス」。あの十字マークの赤アーミーナイフで有名な。デザインが好き。でも、安くはない。とびきり高くもないけど、たかがTシャツで\6,500。あ~~~。まぁあまり買い物しないし長持ちさせるからいっかー、と自分を納得させる為の理由探し、弱っ。

持ち帰りに、すごくいい感じの手提げ袋に、上質光沢紙で出来たカタログ。ブランド力を作るにはお金が必要です。その分、消費者のわれわれもブランド料を払っているようなものです。


*ボタンフライ専門店、もしくはボタンフライセール!なんてものをうつとニッチな市場で話題になるかも?
2010-05-20 21:02 : mono/food : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

滑って滑って滑って滑る~

skt1.jpg skt2.jpg

先日、子供にせがまれて約20年振りにスケート場に行きました。写真は整氷中なのでガラガラですが、実際のところ、ブームにのってシーズンオフなのに結構な混雑。。

リンクの中央ではフィギュアスケートのスクール生が練習していて、小さい子がヒールマンスピンやジャンプしているのを間近で見れた。小さい子とあなどるなかれ、、ビックリするくらいウマい。スラッとした体型で小さいから身軽。将来の真央ちゃん、現れるか。

カッコいいなと思って選んだスケート靴は実はホッケー用でした(写真)。。フィギュア用に変えると滑りがスムーズ。こんなに違うのか~、と妙に感心。ただ単に素人が滑るだけであれば、これでいいわ。小さい子用に2つ刃が付いているものもありました。

20年前も滑り込んでたわけではないので、初スケートと同じ。でもまぁローラーブレードを数年前ちょっとだけ練習してたので、そんなに違和感はなかったなぁ。子供もハマったようで、滑りまくりです。楽しかった。

ひとり\1,000 + 靴\300。安いですか、高いですか。。しかし、本来は寒い地域で、寒い時期にしか出来なかったでしょうから、有難いことです。


書いても仕方ないけど(ってブログ自体そうか・・)、ストレス発散します。久しぶりにムカつきました。あのジグザグ、後ろ向きに滑るオッサン達、、あんた方悲しすぎるよ。自己満足は勝手だが、迷惑になっていることを顧みない(邪魔な上に、小さい子を転ばせる原因を作っていることになぜ気づかない?)。勘違いしなければ、カッコいいオッサンになれると思うだけに、もったいないなぁ。そういえば昔もこういう輩、居た居た。まぁいい反面教師になってくれたということで、子供には良い勉強になった、と考えよう。

*ホッケー用ってあまりはく機会がないと思うので、スケート場もフィギュア用とホッケー用を用意しています!ホッケー用も試してみませんか?といった宣伝をすると、少しは集客効果があると思う。
2010-05-18 20:11 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ダイアローグ 対話する組織 / 中原 淳、長岡 健

ダイアローグ 対話する組織ダイアローグ 対話する組織
(2009/02/27)
中原 淳長岡 健

商品詳細を見る


会社の組織で、上司から部下への指示だけではダメで、対話=ダイアローグが必要ですよ、ということを悟らせる内容です。

対話が必要だという解を求めるために、高度成長期のことから解説が入ります。高度成長期の背景として、以前は上意下達で上司の言う事に対して余り疑問を持たずにひたすら実施するという環境では、一致団結した家族的な文化だった。なるほど。現在はサービス/製品が少量多種化し、スピードが求められ、、さらに個人の価値観の多様化もあるので、従来までのやり方が通じないのは当たり前です。これは良くある議論ですね。そこで重要なのが"対話"という訳です。

対話は、議論とは違い、ある意思決定をするわけではなく、意味の共有や可能性をさぐるとか再吟味といったことを目的とする。なので、緊迫したものはなく、自由なムードが大切だということです。ただし真剣に。ここで出てくる言葉が、「シリアスファン」という言葉です。真面目に物事を楽しむ事。これはすべての面で必要かも知れませんね。

さらに教育学者ブルーナーの論理実証モード(ロジカル)とストーリーモードという概念を持ち出して補強されます。人はストーリーによって理解が深まる。ロジカルに偏重しているビジネスに現場では、このストーリーモードによって理解が深まるとしています。実感わきます。

そもそも物事の意味は社会的コミュニケーションによって作られるという”社会構成主義”を持ち出し、「絶対的な真実」「ゆるぎない事実」も実は"絶対"はなく相対化するとしています。客観主義と主観主義という学問的な用語も分り易く解説して利用しています。”社会構成主義”的な視点が必要ということが分りました。

このような対話が、個人の主体性が問われている時代の意思疎通/価値観を共有するツールとして有効だということです。ここまで丁寧に教えて頂ければ、よく理解でき、その通りだと思います。具体的な対話のやり方や内容、ケース/事例が載っていないので、それ以上を期待する場合は以前読んだ、「なぜあなたの会社は変われないのか」にあったオフサイトミーティングが実践に役立つと思う。

先に出た"ブルーナー"や"社会構成主義"などが多く紹介されており、著者の豊富な知識のお裾分けを授かれるのはメリットです。勉強になりました。

2010-05-16 21:00 : 読書感想/書評-IT&ビジネス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

春、いい季節です

tsutsutsutsu.jpg

玄関先のツツジです。やはりいいですな~。
毎年ありがとさん。

fukua111.jpg

先週末は青空のもと、サッカー観戦。気持ち良いね~。
J2に落ち観客が減ると思いきや、減るのはアウェイサポーターの影響が大きいのですね。J1の時とは全然違う。
試合内容はというと、、、皆さんお疲れのようで。

さて、ワールドカップは純粋に楽しみたい。最近海外サッカー見てないから知らない選手が多くなってきた、ヤバッ。
ミーハー的に特集雑誌でも買うかなぁ。
2010-05-14 21:00 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

このロールケーキ、買占め御免

lsnrc.jpg

ローソンのスプーンで食べるロールケーキを買いに行ったら、色々種類があるではないか!
ということで、そこにある全種類を購入。プレーン x 3、チョコ x 1、チーズ x 1。もちろん家族分含む。
もともと品数が少なかったら、買い占め状態で、商品棚には残っておりませんでした、スミマセン。

ウマイね~。やっぱりプレーンがウマイね~。
"スプーンで食べる" というキャッチフレーズ、、考えた人ヒット!

これも誕生日に、ケーキ何がいい?って聞かれたから、希望して買ってもらいました。
コンビニになって拍子抜けの妻も、

「こんだけ買ったら、ケーキ屋さんのロールケーキと同じくらいの値段だわ」

はい、おっしゃるとおり。

ccl.jpg

ついでに、、最近気に入ってるCCレモンzero。十何年振りくらいにCCレモン飲んだら、ウマイね~。しかもzero、最近何でもzeroなのね。
2010-05-12 21:13 : mono/food : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

なかなかなかった革ブックカバー

bookc.jpg bookc2.jpg

先日の誕生日、妻がプレゼント(THANKS!)してくれた革のブックカバー。パッと見すぐに気に入っていたのですが、暫く使っていますが使い心地もなかなか良いです。

ポイントは薄い革と軽量さ、サイズの調節が出来ることです。また革が柔らかいので、ホールド感もあるし、折り曲げもやりやすい。おまけに名前も刻印してくれていて、愛着沸くわ。

なかなか見付から無かったんです。せっかく見付けても、革が厚くてボリュームがあり、サイズの調節も利かないものだったり。。そこでこのMarivoxさんのものは、丁度良かった。

革独特の変色も楽しみ楽しみ。

--------------------
Amazon,eBookOff,図書館で本を調達すると、紙のカバーが無くて困る。。使い回しているのだけどすり切れてしまうので、このような物が必要。別に汚れを気にしているわけではないけど、電車とかで人に何を読んでいるのか見られるのがイヤ。
2010-05-10 21:12 : mono/food : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

イノベーションへの解 / クレイトン・クリステンセン、マイケル・レイナー

イノベーションへの解 収益ある成長に向けて (Harvard business school press)イノベーションへの解 収益ある成長に向けて (Harvard business school press)
(2003/12/13)
クレイトン・クリステンセンマイケル・レイナー

商品詳細を見る


名著「イノベーションのジレンマ」の著者がイノベーションを実現させる為に考慮する点をまとめた書。

継続的な品質改良や機能追加によるイノベーションでは既存企業でもプロセスの中で実現できているケースがあるが、市場を新しく作るような破壊的イノベーションはそのプロセスは全くの逆効果で、全く違った考え方、判断、進め方が必要であると説く。結局、それを標準的なプロセスに落とし込むところまでは既存企業の中では皆無だとしているのだが、その分読み手にとってはワクワク感があるし、数々の的確な示唆が、そう現実味が無いことではないという希望を抱かせる内容になっていると思います。

まず「イノベーションのジレンマ」の復習的に、どのようにイノベーションが起こり、なぜ大企業が継続的にイノベーションを起こせないのかを説きます。サービス/製品の相互依存型とモジュール型、モジュール化と非モジュール化 、コモディティと非コモディティ等の対比をケーススタディで解説。さらにIBMやApple、Microsoftといった有名企業の辿った軌跡で理論強化と、見事に説明してくれます。

そのケーススタディの中から、破壊的イノベーションを起こすにあたっての思考方法を提示してくれます。たとえば、サービス/製品を企画する際のマーケティングでは一般的に業種や年齢、性別、地域などのカテゴライズをするが、それは全く新しい需要を見るには不備で、顧客がサービス/製品でどんな用事を済まそうとしているのか、その要求の解析が必要だということ。またサービスが使いたくても使えなかった"無消費顧客"に対するアプローチや機能がToo Muchな既存製品/サービスに対しての機能を絞った低価格戦略が有効なこと等が挙げられる。

さらにこのような破壊的イノベーションを起こす環境を作るノウハウも示唆があります。イノベーションを起こす組織の在り方は既存の成功している組織とは別にすること、そしてその組織のマネージャは既存ビジネスで成果をあげた人ではなく、これから直面する問題を解決していく経験をもつ人選にすること、利益は短期に成長は気を長くといったプレッシャーのかけ方といった具合だ。

戦略面にも言及しています。イノベーションを起こす3大要素として、資源/プロセス/価値基準があり、どこに強みがあるかを分析することも必要。プロセス/価値基準に強みがあるのであれば そこに資源を投入し、資源に強みがあれば それにプロセスを組み合わせるということ。M&Aや外部人材をリクルートする際にもこのような分析があると適切な選択ができるだろう。また創発的戦略と意図的戦略という言葉を使って思考工程も明示。意図的戦略は既存製品/サービスをベースにした予測できる戦略であり、全く新しいことを考え出していくのが創発的戦略というのだが、新規事業では戦略が定まらない状態は当然で創発的戦略を続けていけば、そのうちターゲットが絞られる。それから意図的戦略に移行すればよい。創発的戦略では、ターゲットが絞られる前に資産を使い切らないように注意しなければいけない。意図的戦略に移行する際に投入する資産を残しておくということが重要だとしている。

ちょっとボリュームがあるので、最後にまとめられた「破壊能力をプロセスに埋め込む」と称した"成長エンジン"を作り出すステップ1~4(P336)と「イノベーションへの解」を求める経営者への助言13項目(P345) は非常に頭を整理する意味でも有難い。ここだけ読むだけでも十分な価値があると思う。

ただちょっとがっかりだったのは、これらの判断がそれなりの経営者にしかできないということだ。人選にしたってこういったことを考えている経営者は適切な人選をするだろうし、選ばれた側もこの経営者の元であればうまく可能性は高いだろう。経営者でない多くの人たちにとっては、逆にストレスになるかもしれない。実際、会社の経営層がこのような思想でいるか、ましてやこの本を読んでいるか、ということを考えると、そうでないケースの方が多いと思う。自分の会社の経営層がこの本を読むことを切に願う。打たれる杭にならない程度に、機会があればそうなるように行動してみるつもりだが・・・
2010-05-08 20:34 : 読書感想/書評-IT&ビジネス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

GWでなくて、大型連休なんですよ

やはり家や近所でゆっくりするに限るな大型連休は、、と妙に納得した今回でした。大型連休、恐るべし。

それは、、遠出なんてもっての他と思って近場を選んだのに、、(そもそも私にとっては近場でも、そうでない人の方が多いだろうことに気付いていない・・バカ!)

5/3にマリンスタジアムに行ったら、目の前でチケット完売になり野球観戦できず・・。今まで当日券が売り切れたこと見たことなかったよ~。人多すぎ。子供たちスマン。

そして5/4は今年3度目となる昭和の森公園。ここもいつもの土日に比べて3倍くらいの人、人、人。。予定していたレンタルサイクルも人だかりで中止し、子供たちが楽しみにしていた長~い滑り台も結局1回しかやらず。。

まぁこの大型連休中は色々なイベントで楽しかったし、遊べたからいいかー。サンキューサンキュー。

cpcp.jpg
近所の川で泳ぐ鯉(のぼり)の大群

hoki2.jpg hoki1.jpg
公園隣のホキ美術館(建設中)。期待していたお姿がベールを脱いでいました。奇抜!!興味をそそるに相応な形状です。Openが楽しみだなぁ。

ちなみにNHKのニュースでは、"ゴールデンウィーク(GW)" とは言わず "大型連休"と表現していますね。ググったら、NHK放送文化研究所(こんなもんがあるのか・・、ドS蓮舫にいじめられそう、、って違うか)というところで、以下のような記述がありました。

「ゴールデンウイーク」(黄金週間)は、連休で観客の入りがよかったため、この期間中に大作をぶつけるようになった映画界が、宣伝も兼ねて作り出したことばで、昭和27~28(1952~53)年ごろから一般にも使われるようになったようです。しかし、1970年代の「石油ショック」以降、「のんきに何日も休んではいられないのに、なにがゴールデンウイークだ」といった電話が放送局に何本もかかってくるなど抵抗感を示す人が目立ってきました。また、「外来語・カタカナ語はできるだけ避けたい」「長すぎて表記の際に困る」など、放送の制作現場の声もありました。そのうえ、週休2日制の定着で前後の土曜・日曜を加えると10日ぐらいになることもあり、ウイーク(週間)も的確な表現ではなくなってきました。このため、放送では原則として「ゴールデンウイーク」は使わず、「大型連休」を使っています。
2010-05-06 20:51 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

もしクレヨンしんちゃんが大人になったら?

最近、Mr.ビーンがMXTVで放映されているのをたまたま見たら、、、はまってしまいました。
子供達も大うけで、リクエストに応じて早速DVDを2本レンタルして大型連休の合間に見ました。
アトキンソンさんは、凄い。表情と仕草だけでこんなに楽しませてくれるなんて。



ビーンはクレヨンしんちゃんが大人になったらこんな感じなんじゃないかと思わせるほど、類似性があるように思う(勝手な想像)。もちろんアプローチは全然違うのだけど、オジさんのビーンを内面が「9歳の少年と同じ」という設定にしているのと、ガキのしんちゃんをちょっとませた設定にしているところが、丁度シンクロするのでしょうか。何はともあれ、両者ともにそのアンバランスな予測不能さが面白い。人を食ったようなユーモアセンスも。

日本ではやはり志村けんさんが唯一匹敵するかな?日本の至宝ですね。お笑いの基本。皆が楽しめます。wikipediaによると、何とけんさんがビーンのコントをそっくり演ったことがあるそうです。お~見てみたい。。
2010-05-04 15:57 : 日記/趣味 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

産んでくれて有難う

自分の誕生日、親に花を贈ってみました。早速メールが届き、喜んで頂いたようです。

IMG_0015.jpg

実はこれ、先に記述した ひすいこたろうさん の本で紹介されていたことを真似てみたのでした。真似した相手とは、、福山雅治さんです。彼は毎年このようなことをしているのだそうです。素晴らしいですね。ちょっとその温かい心をお裾分けして頂きました。真似か~、、とも思わなくはなかったのですが、やらないより全然いいし、同じ本に載っていたリリーフランキーさんの言葉「母の日に電話1本することすら照れているような奴は、どんなスーツを着ていてもかっこよくないと思いますけどね。」にも感銘したので。まだ元気で居てくれることは本当に有難いことです、シミジミ。

ちなみに楽天のオンラインショップで花を注文した(直接送付)のですが、実際にプレゼントする花の写真に撮って送ってくれるサービス付きでした、安心です。それに4000円弱(送料込)で、なかなか良い花束で感謝。高額な深紅のバラも何本か入れてくれていますね。
2010-05-02 20:37 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

Thank you for visiting

korogaruishi

自分を信じ、転がり続けること
Twitter ID : korogaruishi

便利!ブログ内検索

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。