スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スタバカードが地域限定デザインだったとは知らなんだ

P1010356.jpg 
スターバックスカード。新しいデザインが出て、気に入ればその場で変更してます。今のは、東京タワー。
このプリペードカード、時々入金5千円で無料チケット貰えるくらいで、通常の使用では何の特典も無い。他と共有できるICカードにしてくれと思わないでもないけど、使ってしまっている。

これ、地域限定デザインだとつい最近知った。WEBページで紹介されているのは6地域。東京、横浜、名古屋、京都、大阪、沖縄。これは意外と、お土産に使えそう。カードを入れる専用の封筒まである。お~いいね。

stbcd.jpg

しかもWEBページ見ると、カードの残高照会まで出来る!驚いた。早速、やってみる。何と、直近の利用状況(日付、店舗、金額)が分かる。相当、貢献してる、、、私。ドリップコーヒー100円おかわりが効いてる。ほぼ3日に2回は行ってるな。。タリーズも好きだけど、最近はスタバがいかに多いか分かる。見事戦略にはまってます。

ちなみに私はスターバックスとは何ら関わりがありません(こういう人の口コミは十分期待されているのだと、認識してますが・・)。
スポンサーサイト
2011-01-31 22:52 : mono/food : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

いい物は心も豊かにしてくれる

お気に入り革ショップのHERZでお買いもの。久し振り。自分のものとしては、、2回目かぁ。

P1010329.jpg

今回は小物を。筆入れとマウスパッド。

P1010330.jpg

今までで一番しっくりして使いやすいマウスパッドです。今では手放せません。ノートブック持ち歩く(といっても家の中)ときは必ず一緒です。以前マウスはマウスパッド無しで使っていたのですが、革製のブックカバーをパットの代用としたらこれがベストマッチ!革がマウスに合うということが分かりました。なので、ずっと欲しかったのです、革マウスパット。

P1010327.jpg

筆入れはこんな感じです。サイズや形は他にも豊富にありましたが、これは一番シンプルで小さめのもの。標準的なボールペンサイズのものが2,3本。

職人さんの丁寧な仕事っぷりが思い浮かぶ、そんな拘りが盛り込まれた物を使わせて頂くのは、心が豊かになる感じがして嬉しい。
2011-01-26 23:49 : mono/food : コメント : 7 : トラックバック : 0 :

商いの道―経営の原点を考える / 伊藤 雅俊


商いの道―経営の原点を考える (PHP文庫)商いの道―経営の原点を考える (PHP文庫)
(2001/01)
伊藤 雅俊

商品詳細を見る


セブン&アイ創業者の商売論。イトーヨーカ堂を立上げ・事業展開していく過程のご説明の中で、様々な方との出会いを通じて感じたこと、母・兄の商売を通じて学びとられ影響を受けている考えを綴られています。中でも松下幸之助さんとの交流は重要な位置づけをされており、その"経営の神様"と呼ばれるエッセンスもふんだんに取り入れております。目指すべきところが一緒で心持ちも一緒だと、共感点はたくさんあるのでしょうね。類は類を呼ぶ・・。

ご苦労の分、ものすごく謙虚で、感謝の心を常に述べておられます。やはり偉人には"品"があります。思想の源流に母親からの学びがあるようです。イトーヨーカ堂の前身「羊華堂」を経営していましたが、日露戦争・関東大震災・大東亜戦争と数々の大災難を乗り越えてこられた。その状況化で、『お客様は来ないもの、取引をしたくてもお取引先は簡単には応じてくれないもの、銀行は貸していただけないもの』という商売の前提とするもの伝授しておられます。唸る~。

ですので、伊藤さんはどんなお客様でも、さらに取引先をも丁寧に接しておられるとのことです。そして、視野が広い。自分の商売や事業進出が世の中にどんな影響を与えているのか、世の中はどのように動いているのかをもれなく確認している感じ。なので、先見性も感じられます。例えば、バブル時に不動産に手を出さなかったために崩壊した後も痛手は少なかったとか、この本が出版された1998年時点でリーマンショックを言い当てております(何か凄いことが起きそうだと警戒している)。凄い。

本の構成は、ひとつのテーマにつき数ページを使って商いの指南をしております。そのテーマ名をみれば、おおかた何が書かれているのか分かるかとおもいます。「人生の重荷の意味(=重荷を負っていかないと人間はダメになる)」「開店の気持ちを忘れない(=初心を忘れず、現場に立つ)」「人間の機微を知ろうとする(=人生に成功する早道は、どれだけ人間か好きか)」「信条は最後の拠り所(=自分は何のために働いているのか、どんな時でも守る)」「筋を通す(=徹底して筋を通す、どんなに親しき仲も)」「一人一人のやる気を引き出す(=社員に報いる努力)」「怖くても冒険心を持とう(=冒険しなければ成功のチャンスは得られない)」「リサーチの外れた後を考える(リサーチは外れるもの。思わしくないときにどうするかが肝心)」「名誉や見栄で上場するな(=長期的な展望と戦略に基づいた経営が出来ず、目先のことにとらわれてしまう)」「成長より生存を考える(=一歩ずつ歩む)」「謝恩の心を忘れずに」等などだ。その他にも多くのお言葉があります(ここに挙げた以上に胸をうつことも)。

ご指南しているのはごく当たり前のことのようですが、これだけ感銘を受けるとは・・、正にバイブルです。素晴らしい著書。

もちろん、お金にからむ"商売"ですから綺麗事ばかりではないことは重々承知しています。が、ビジョナリーカンパニーはこういった人にスポットをあてた信念があると思います。この表と裏のような、欲望と理性のような、パラドクス的なことでうまく言えないのですが、"人情"を心地よいと思うその性質に喜びを感じ、期待・可能性があるものだと信じています。

(結局、何事もパラドクスだらけ。その解は、白黒つけれるような単純な世界でないから、いかにバランスの良いグレーをつくれるか、だ。)
2011-01-24 02:00 : 読書感想/書評-IT&ビジネス : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

起業のファイナンス / 磯崎 哲也


起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと
(2010/09/30)
磯崎 哲也

商品詳細を見る


起業する際、した後の資金調達をどうするか?という疑問に答える内容になっています。①どんな調達方法があり、②そこにはどんなプレイヤーが存在し、③どんな思惑で投資するのか。

通常のハウツー本ですと、①②がメインで③は表層的なものになるケースが多いと思いますが、この本はそこは泥臭いとまでは言わないまでも、投資する側が本音では何を期待しているのか、どう思っているのかまで言及しているところが良いです、投資する側の視点ですね。そのため、結構リアルなイメージができます。

日米のベンチャーキャピタルの違いや日本の投資家の実情、実際のストックオプションの実施方法・注意点まで、新規の"株"を巡る事項にスポットをあてていますから、実際に株式会社を設立構想している方には必読の本かと思います。そうでない自分にとっても、いい勉強になりました。

ただ、やはり当事者ではない分、お金の調達ってこうも人間の卑しさを相手に色々と面倒(と捉えてはいけないのだけど)なことを考慮し実行しなければいけないのかと思ってしまったのも事実。いささかめげてくる。仕組み自体有難いことではあり、この資本主義の中では当然の苦労とは分かってはいても、「素直にこの人に頑張ってもらって、世の中を良くしてほしい」という応援心で投資してくれるケースがないのか・・、なんて甘くてきれいすぎる幻想を抱くのは間違っているのだろうか・・。って、政治献金の類?(にしても、まぁ何かしらの思惑が絡んでいることが多いでしょうし)。 

いかにExit(株を高く売りきる)するかを考えている株主(ある面からすると会社の所有者)ばかりの中、事業をやっていくというのはどうなのだろう。もちろん苦しい時にお金を出して頂けるのですから、その恩に報いるというのは理にかなっていますが、誰が株主か/どんな株主かが分からなくなってきた状態では、株価を上げることだけを指標に事業をするのは(いわゆるウォール街を見てビジネスをする)、いささか違和感を感じる。とはいえ、バランスよくってことかな。
2011-01-23 06:15 : 読書感想/書評-IT&ビジネス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

紅葉の後の紅葉

niwaniwa2.jpg P1010276.jpg

左が秋→右が現在(冬)のサンゴモミジ。当然ながら、素っ裸の寂しい状態ですが、実はこれがまた良いのです。


P1010275.jpg

名前から分かるとおり、サンゴのように枝が赤く染まっています。綺麗。既に5年経過していて、幹はもう赤くはないのですが、枝は鮮やかな赤です(写真だと分かりにくいですが・・)。黄色の紅葉(秋)と、赤い紅葉(冬)、と2度楽しませて貰っています。
2011-01-18 20:02 : 家づくり・建築・庭 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

特大フラペチーノ

KC3A0166.jpg

でかっ! スタバ で満喫。
キャラメルフラペチーノ サイズ:ベンティ(V) 590cc + チョコチップ + エスプレッソショット。ホイップ大目。どうだっ!って主張してる。

KC3A0165.jpg

ショートサイズと比べてもこの通り。恐らく2倍以上の量。もちろん、子供たちと一緒につつきました。結果、皆で寒くなり・・。しかしウマ~い! エスプレッソショットとチョコチップで、アマアマのところを若干ビター味に。

KC3A0154.jpg

年末やってたプリペイドカードへの入金キャンペーンで頂いた無料サービス券(時々やってますね)。何とこれは、何でも頼んでOK!というオールマイティ!!デブ行きチケットでございます。「SHARE A CUP TICKET」5,000円入金で頂けたので、実質1割還元程度か。まぁこのチケットがなければ、こんなデカイもの頼まないけど・・。
2011-01-16 06:41 : mono/food : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

青春を山に賭けて / 植村 直己


青春を山に賭けて (文春文庫)青春を山に賭けて (文春文庫)
(2008/07/10)
植村 直己

商品詳細を見る


冒険家 植村直己さんの1971年の著書。5大陸最高峰の登頂は既に達成しており、北極圏単独行などの犬ぞりでのチャレンジはこれからという時点です。内容は、最初少しだけは子供時代からの半生の振り返りがあり、2章目からは、日記を公開したようなものになっています。出来事があるがままに、平易な言葉で綴られています。

ご本人いわく『本当にこれは自慢できるような話ではないのだ。もしこの話に、みなさんが崇高なアルピニズの真髄といったようなものを求めているとしたら、先にあやまってしまうが、私は失格に決まっている』という。真っすぐで謙虚。なんと人柄が表れているのだろう、と読んでいくうちに分かります。彼自身、やりたい事を無理やりやってるだけという解釈をしていたのかもしれませんね。しかしながら、その穏やかさとは裏腹に破天荒ぶりが存分に味わえる放浪記となっています。

この手の本にありがちな武勇伝ぶり(悪童ぶり?)はありません。ただやっていることはデカい!自然や現地の人々と触れ合いながら、冒険している。言葉が話せなくても、お金がなくても何とかしてしまうのは、”何かを持っている”のではなく、困難に対する挑戦への情熱だということが分かります。極限で未知の状況をも楽しみに感じて挑んでいく(ワクワクしている)姿は、まさに冒険家だ。

ハチにさされようが、怪我しようが、野獣が出てこようが、クレバスに落ちようが、働きずめだろうが、窮屈な環境だろうが、へこたれない。いかに体力と想いが重要か。そしてそのような極限状態も自分の身体ひとつで乗り越えていく。そのとき、自分という生命と心底向かい合うことになるだろう。

野口健さんの著書を読んで、彼がこの本と出会って山を登り始めたことを知りました。で、今回こうして読んでみたのですが、野口健さん同様、そのエネルギーたるや大いな勇気を頂いたような気がします、感謝。1歩1歩進むということが達成への近道であることや、いかなる状況でも何とかなる/何とかする、ということをしみじみ感じました。そして、探検家になるための必要な資質は何かという質問に 『臆病者であることです』と答えられたことが巻末の解説にあります。なるほど~。慎重であること、時に引き返すことは悪い事じゃないんだ、という認識を新たにしました。ただし試行錯誤して前進することに臆病になっていない、ひたすら実行です。

1984年マッキンリーに消えてしまう・・綺麗事じゃないけど何か感じざるを得ません。消息を絶った直後、国民栄誉賞を受賞しましたが、当時それほどまでに注目されていたのですね(ほとんど覚えていない)、ホント凄すぎる。
2011-01-14 01:48 : 読書感想/書評 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

のんびり正月は至福です。

P1010333.jpg

毎年年始は、実家近くのお寺に。そして自宅近くの神社に。初詣。
みんなで過ごすワンパターンの正月は至福です。今年も例年と同じく良く食べ良く肥えました。

P1010340.jpg P1010334.jpg

ここ数年、大吉だったのに、今年は小吉。でも書いてあることは何とも示唆に富んでます。有難い。
何と言っても妻は大吉で、「病気が全快します。」と。今夏で術後3年経過。一応、長期生存の目途とされるので、私たちは今年の定期検診を目標にしてきました。そこでこのおみくじです!いやはや、有難うございます。

KC3A0162.jpg

自宅近くの神社では、お払いもして頂き、万全!

しかしながら、昨年の振り返りと今年の目標設定が今だ出来ておらず、モヤモヤしている。。
2011-01-09 20:20 : 日記/趣味 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム

Thank you for visiting

korogaruishi

自分を信じ、転がり続けること
Twitter ID : korogaruishi

便利!ブログ内検索

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。