スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン / カーマイン・ガロ


スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
(2010/07/15)
カーマイン・ガロ

商品詳細を見る


 アップルのCEO スティーブ・ジョブズが過去行ったプレゼンを分析し、要素別に解説を加えた内容。プレゼン同様に、非常によくまとめられており、とても分り易いです。各プレゼンの資料や発言に照らし合わせて振り返れるところも有り難い。ちょっと冗長に感じられるところもあるが、大きな問題ではない。

 一体ジョブズの何が凄いのか?ポイントとなるプレゼン手法の紹介(資料や発言のほかに、間のとり方、強弱、ジェスチャー、ユーモアなど)をしつつ、実際の作り込み方やアドバイスなど、思いの外詳しく紹介。ちょっとした教科書的な感じで、楽しく学べる。実務でも役に立てられるケースもあるでしょう。ポイントとしては、心に訴える力が強い言葉にある3つの特徴を紹介しています。

1)シンプル (ジャーゴンバズワードがない簡単な単語。)
2)具体的 (とても明快。短い言葉で具体的に。)
3)感情的 (写実的な形容詞。)

 アドバイスとしては、例えば、具体的なものとして、USトゥデイ紙の記事に挿入される統計情報のイメージ(イラスト、図表、写真)を参考にすると良いとか、説明事項や主張は3つにまとめること、緊張対策は『内向きなことを心配し、かえって不安になる人が多い。自分のことを気にするからいけない。注意を「私」から「我々」へと切り替える。』などです。う~む、勉強になります。

 そして、プレゼンの背景となるものに触れている点が重要です。アップルという会社の考え(すなわちジョブズの考え)や製品のコンセプトを知るに、その唯一無二の存在を改めて確認できる。恐らくappleが好きになり、apple製品を買いたくなる人が多いこと間違いない(著者もそうだったように)。プレゼンは正にその背景が集約される表舞台なので、プレゼンの解説を聞くことはイコール、その会社を知ることになるような気がします。その背景の中から私が学んだ3つの点(影響を受けた言葉)は、

1)情熱
『アントレプレナー(起業家)の成否を分けるのは不屈の精神だと語った。その不屈の精神を生み出すのは情熱である。正したいと思う問題に対して情熱を持っていなければ最後までがんばりとおせない』。激しい情熱がプレゼンの舞台で、観衆に響くのですね。

2)努力
『頂点に立つ人は、努力が他人より多いという程度でもずっと多いという程度でもない。圧倒的に多いのだ。どのようなことであれ、世界的な達人というレベルまで熟達するには1万時間の練習が必要なのです』。ジョブズはプレゼンを苦なくこなしているように見えてしまいますが、実は事前の準備、練習は半端でないとの記述、背筋が伸びる思いです。

3)楽しむ
何よりもジョブズ自身がプレゼンを楽しんでいるということ。自らの会社の製品に自信を持っている証拠だし、楽しめる製品であることをさらに体感させてしまう。これは何気に素晴らしいことだと思います。楽しんでプレゼンするなんて最高です。

 アップル/ジョブズ人気に便乗しただけの本だと思って1年間手を出さずにいたけど、それは間違いで中身のある内容でした。読んで良かった。自己保身にかける堅物ばかりの社内の打合せで、いきなりジョブズ式のプレゼンやったら面白いだろうなぁ。プレゼン資料が、自分の会社のロゴのアップだけ、次に新しい製品イメージ、コメントは「めちゃくちゃ楽しいんだっ!」ってやったらどんなになるか想像するだけで笑ってしまう。

最高とも評価される2007年iPhoneの発表のプレゼンです(もちろんこの本の中でも触れられています)。途中までですが、続きのほかたくさんおプレゼン動画がyoutubeで見れます。ぜひぜひ。


素晴らしいプレゼンとは裏腹に、このアメリカ人的な観客の反応(お祭り的な盛り上がり)は、どうも大げさで違和感がある。辟易すると言ってもいい。まぁ彼らは楽しんでいるだけだ、という見方をしていますが。。

(我が家のiMac と iBook はそろそろ買い替え時。5年半前のだと、ひと昔前の感がすごいけど、このデザインは今だに好き。)
スポンサーサイト
2011-07-30 22:43 : 読書感想/書評-IT&ビジネス : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ねじまき鳥クロニクル(第1部)(第2部)(第3部) / 村上 春樹

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫) ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫) ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)

 村上春樹さん著 10年以上前の長編小説。弁護士になれなかった都心の借家に住む三十路の男性が主人公。猫と奥さんの失踪から始まり、不思議な登場人物10名弱で展開されるちょっと不思議なストーリー。場面が、現実世界の話から意識の世界(夢の中?)の話、過去の戦中の話などとコロコロと変わるのですが、どの話がどう関係してくるのか。なかなか読み手の興味を維持しつつ、核心へせまっていく感じにスリルがある(のかな)。結末もこれまた抽象的で微妙な言い回し。分かったような分からないような、、でも次が気になる。自分だけに秘密が明かされている、、という感覚もまたいいのでしょうか。いづれにしても、多くの読者がついているということは、やはり優れた作品なのでしょう。

 日々ぼや~んと感じている、意識化での物事の繋がりを、物語にしてしまった感じ(凄いなと思う)。この世界観は、時間の感覚がちょっと麻痺してしまうような。急展開もあれば、まったり感もあり、時代の遡りもあれば、予言的な未来もあり、と。その強弱はもちろん狙ってのことなのでしょうが。文学には欠かせないエロ/グロ系の話のなかにも、微笑ましいティーンエイジャーとのやりとりが入っていて、ほっと息抜きができる(憎い演出)。

 正直、何とも言えないという読後感。でも、印象に残ることは間違いなし。私には難解ぎみでした。とはいえ、すごい量なので読み返すことはないでしょう。時々、なんでこうも文学とは回りくどい言い方をするのだろうと。1行で済むところ余計な表現、文章含めて5倍くらいになっているようで、理系な頭の私には、「端的に要点だけ言え(元も子もないな・・)」とイライラすること何度か・・、そっち方面では相当未熟もの、低能人間なのかな。別にいいけど。

 最後に物語の本質的でないことだけど、主人公の親類がビジネス上「お金で買えないものとお金で買えるものを見極め、お金で買えるのであれば買ったほうがいい」という旨の発言があり、なるほどなと。お金で買えないものは、差別化ポイントになるということですよ、きっと。「そこに注力するために、他ではお金を使う」、、いつか言ってみたいわ。
2011-07-28 23:42 : 読書感想/書評 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

日経新聞「フランク・ロイド・ライトと日本」

flw.jpg

 6月の日曜日、日経新聞朝刊に3回に渡り特集された「フランク・ロイド・ライトと日本 上/中/下」。建築家三大巨匠(?)の一人。タイトルどおりライトと日本との関係を中心に書かれており、ライト個人についての言及はそれほど多くありません。

 日本との関係といえば、もちろん著名な旧帝国ホテル登場!当時のロビーの写真が載っていますが、これが秀逸。整然とされた空間、光の入り具合といい、本当に素晴らしいです。照明や彫刻など細部まで行き届いたデザイン。あらゆるもののデザインをこなしたとのこと。なんと使用されたテラコッタやレンガは400万個!!妥協をしなかったことが窺えます。

 新たな発見といえば、ライトは当時、浮世絵コレクター&ブローカーだったという事実。アメリカにある浮世絵の多くはライト経由だったようです。それはそれで驚きですが、浮世絵が設計に何かをもたらしたかどうかについて、ライト本人は「他文化からの(設計への)影響はない」とのこと。筆者は、ライトの好みだった広重の絵とライトの設計を比較して、「そんなことはなかったのではないか」という論調。私も、「少なくとも自らの中で浮世絵を消化して作品に反映させていることはしているだろうなぁ」とは感じる。

 そして何と、ライトが設計した数、おそよ800超!これは凄いですね。50年コンスタントに設計したとしても、年間平均16ですから、毎月何かしらに携わっていたことになります。いかに精力的だったか。もっと驚きが、その800の中で、本国アメリカ以外のものはわずか9件。うち3件がカナダ、6件が日本!嬉しいですね。現存しているのは4件で全て日本。『日本は米国外でライトの建築に直接触れることができる唯一の国』と表現されています。

 日本にはライトの弟子もいれば、ライト式と呼ばれる意思を継いだ建物があるとのこと。やはり、いいものは地域に関係なく伝承されるということですね。それが日本だったのは喜ばしい。明治村にある旧帝国ホテルはもちろん、アメリカのカウフマン邸はいつか行ってみたい。

 改めて普段使っているライト デザインのペンを手に取る。ん~感慨深いです。

flw2.jpg


 
2011-07-26 20:44 : 読書感想/書評 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

燃えよ剣 (上) (下) / 司馬 遼太郎

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)  燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)

 幕末、新選組 土方歳三の躍動を描いた歴史小説。田舎のとんがった若造が、武士団を結成し上洛。京都で幕府を守る立場で、倒幕派を斬りまくって存在感を知らしめ、あれよあれよという間に世間から恐れられる人物に。そして尊皇攘夷の時流となるや、最後まで幕府側に付き関東~東北~北海道に下りつつも闘いを続け、最後函館の地で戦死するまでを描く。

 土方歳三の人物的魅力、そして近藤勇/沖田総司との友情が心地良い。本当のところどうかというのは存じませんが、土方の戦略眼の鋭さ、一途な喧嘩好き、心理を突いた組織のまとめ方、寡黙で硬派、近藤への忠誠心、沖田やお雪に対する優しい眼差し、そんなキャラクター設定が完璧すぎて、、でもワクワクすること間違いない。

 決闘場面は本当に面白い。出身や思想や経験など人物にスポットをあてた駆け引きで始まり、暗殺/討ち入りから軍備が近代化した戦争と。次々に登場する新選組や幕府の面々はさすがに覚えきれず場面場面での存在感を楽しむだけですが、近藤勇と共に新選組を動かしていくダイナミズム、無邪気な沖田総司との掛け合いの他、ライバル(?)の七里研之助との数々の決闘や、途中散りばめられるお雪との恋愛模様など、読み所が多いです。さすが司馬さん。

 この本で描かれれている土方歳三という男には、刺激を受けます。世の時流や事の良し悪しに関わらず、ひたすら自分のやるべき事を極めるために突き進む姿勢、正に我が道を行っている。そこには理屈は不要、首尾一貫した思いがあるだけだ。こんな人生への取り組み方もあるんだな。この人の前では、政治の話や利害、さまざまな理論はとてもちっぽけに見える。実力をもってやっちゃったものが勝つ。腹のくくり方が清々しいくらいだ。そこに価値感があるな、と。やらなければ、理論なんて何の役にも立たない。新たな視点、新たな感覚、温故知新で勉強になった。

いい男!
hijikata.jpg

 
2011-07-24 05:30 : 読書感想/書評 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

Thank you for visiting

korogaruishi

自分を信じ、転がり続けること
Twitter ID : korogaruishi

便利!ブログ内検索

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。