スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

走れD51!、いや走らない。

d511.jpg

 初体験です。生まれて初めてNゲージなるものを購入しました。いや、何となく飾りたくなったのです機関車を。なので、通りかかった鉄ちゃん(鉄道オタク)が集まっているお店にあるかなと思って入店。鉄ちゃん達を分け入って、中古コーナーへ。模型であれば何でも良かったのですが、、あ~、なるほどNゲージ、飾るのに丁度いい大きさと重量感!でも、中古とはいえ結構高いのね。1万円前後はざらです。そんなに出せん・・、飾るだけだからジャンクでいいのだけど。と、1,800円でありました、D51(デゴイチ)/関水金属(?)。状態もまずまず。決めた。一応飾るのに線路も必要だなと、調度良い長さの100円。

d512.jpg d513.jpg

 ダイソーで100円ケースを購入し飾ってみました(写真はケースカバーをとっています)。なかなか満足です。2009年冬に走るC57を見て以来、何となく機関車に憧れに近いものがありました。自力で頑張って走ってる!という力強さ、気品のある姿、何か励まされる思いですね。ということで普段から見たいなという思いを2,000円で実現しました。

stbb.jpg

 スタバの1個無料券を使って(もう何回目だろう・・)、今回は「抹茶フラペチーノ、サイズはベンティ、ホイップ多め、コーヒーゼリーとチョコチップをトッピング」。2人で食しても結構な量です。大満足。機関車と全く関係なしっ!
スポンサーサイト
2011-09-25 00:38 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

これ、いかにも美術館です。

 先日、千葉市の昭和の森公園近くに昨年(2010年)完成したホキ美術館に行ってきました。

hk1_20110909233357.jpg hk2_20110909233350.jpg 

 この風貌。インパクトありすぎです。外観もさることながら、中も凄い。こんな美術館、外国でも見たこと無い。展示室の空間の使い方、窓の配置、照明のあて具合、器具や会談の造形などどれをとっても、見せるためにこだわりを重ねていて妥協が見当たりません。それ自体が作品なのです。展示されている作品はもちろんですが、この建築美は一見の価値あり。素晴らしいのひとこと!建築中から気になっていました。完成後1年、そろそろ空いたかなとおもいきや、結構な混雑なはずです。

hk4.jpg hk3.jpg←エレベータ内

 写実絵画(美術館の貯蔵紹介に何点か載っています)をたんと見てきました。まず観覧者の共通する行動があります。絵画を前に、間近まで寄って覗き込むようにしてつぶやきます「写真じゃないよね?」。写実絵画なので、現実を忠実に・・ということで、本当に写真のような感じです。でも、画家が見る視線が反映されていて、その立体感や強調したいこと、構図などが写真とは違います。物体を捉える感性がにじみ出ます。こういう世界もあるんだなと、とても興味深く見ました。特にお気に入りが、原雅幸氏と磯江毅氏です。原氏は何と言っても絵の巧さ!!磯江氏は題材の選択と奇抜な構図!!に感銘を受けました。

 観覧後は、到着後すぐに予約した片岡護シェフプロデュースのレストラン「はなう」で昼食です(といっても片岡氏を知らない)。美術館内にあり、大人気のようです。満席でした。ちょい高めで、狭いせいもあってざわざわしていますが(特にやかましい団体が居ると・・)、味はGOOD!!とてもいい一日になりました。

 美術館内部はこんな感じ↓(当然撮影禁止だったので、写真がないかわりに、YouTubeで見つけました)


2011-09-20 21:00 : 日記/趣味 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

それでもなお、人を愛しなさい / ケント・M・キース


それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条
(2010/08/21)
ケント・M・キース

商品詳細を見る


 マザーテレサさんの心を揺さぶった『The Paradoxical Commandments』= 邦題『逆説の10ヶ条』。それを大学時代に書いたKent M Keithさん本人による解説本です。タイトルは、第1ヶ条からとられています。この10ヶ条に、解説は不要。まさに人生の訓示。


1 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
  それでもなお、人を愛しなさい。

2 何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

3 成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
  それでもなお、成功しなさい。

4 今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

5 正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
  それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

6 最大の考えをもった最も大きな男女は、最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。
  それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7 人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていない。
  それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
  それでもなお、築きあげなさい。

9 人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
  それでもなお、人を助けなさい。

10 世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
  それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。



 まさに聖人、綺麗事・・。"それでもなお"、この10ヶ条を実践する必要があるのだと、自然と受け入れられる力がこの本には詰まっています。皆がこのように考え行動したら、どんな世界になるのだろう。私もこんなのムリムリと思わず、一度ぐっとこらえてこれらの言葉を思い出そうと努力しようと思います。年月を重ねたあと、人生においての充実感が、きっと違ってくるような気がします。

 ご本人が運営されている(??)サイト(http://www.paradoxicalcommandments.com/)を見つけました。ここには当然、英語で10ヶ条が載っています。原文をそのまま見ておくのも良いかも知れませんね。「それでもなお」は、末尾の「Anyway」で表されます。"Anyway" いい単語だなと認識。私の好きな単語のparadoxの語源は、paraは"並んで"doxonは"意見"から "定説と相反する意見" ということだそうです。この形容詞が「paradoxical」で「逆説的な」になります。世の中Paradoxから出来ていると思い、バランスが必要だと考えておりましたが、この本に出会ったことで「それでもなお」という道具を手に入れた感じです。有難う。

Give the world the best you have anyway
2011-09-18 09:08 : 読書感想/書評 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

大地動乱の時代 / 石橋 克彦


大地動乱の時代―地震学者は警告する (岩波新書)大地動乱の時代―地震学者は警告する (岩波新書)
(1994/08/22)
石橋 克彦

商品詳細を見る


 阪神大震災の1年前に出版された本。日本が地震の活動期に入るということがかかれてあります。それは過去の地震を紐解くことで、長期スパンでみた大地震の予想であるのですが、それは"遅かれ早かれ当たるのだ"ということが分かります。そして、阪神大震災が発生、その前後にも巨大地震の数々(奥尻や中越など)、まさに日本列島は揺れているのかも知れません。

 内容は、主に江戸時代からの文献や資料から、巨大地震の起こった時期、地域、被害状況を解析しておられます。驚いたことに、死亡者数や建物の被害状況などが、結構鮮明に残っているのですね。次から次へと悲惨な状況描写があるので、「今東京で巨大地震がおこったら・・]とちょっと恐ろしくなります。というわけですから、当然著者は東京の一極集中のリスクと、地方分散を呼びかけておられます。研究する度にその危機感は膨れているだろうと想像します。なにせ、1994年当時から分散どころか、増々集中しているのですから・・。東日本に住んでいる方は、今回の大震災を経験し、災害のイメージ力が相当養われたと思います。そのイメージ力で、今首都圏直下大地震が起こったら、、東京湾に津波が押し寄せたら・・と考えるといかがでしょう。仕事が東京でしかないから・・とは言ってられないような気もします。

 この本で披露されるのは、過去の地震の解析やプレートの動き・歪の調査から、首都圏~南海にかけての巨大地震の長期スパンでの見解です。中でも著者の研究テーマ(?)だったと思われる、小田原地震が70年周期で起こるというものです。次の周期が2000年前後にあたるので、実は既に十年あまり過ぎてしまっているのですが、長期スパンでみる10年はそう長くはありません。今回の震災で多少周期がずれているだけかも知れません。富士山も含め、まさに不気味な時代なわけです。まぁいくら怖がっても仕方なく、備えることが重要なのでしょう。

 また、幕末~開国~関東大震災という動乱期が、ちょうど地震の活動期と重なっていたということを、歴史の出来事に沿って災害状況を解説している点が新鮮。まさに大地ごと異変が起こっていた!関東大震災より前の歴史は、主に事件・出来事を中心に語られるが、当然そこには大災害もあるということが分かる。要は事件だけでなく大災害も時代を形作る大きな要素だということです。歴史を読む際に忘れがちですが、今回の大震災が歴史上いかに大変なことで時代に大きな影響があるのかを考えれば、大切な視点だと認識させられました。

 ちょっと当著書とは直接関連ありませんが、興味を持ったので著者のその後をネットで検索してみました。すると、地震に対する原発の脆弱さに警鐘を鳴らしております。残念ながら、悪夢のような懸念は現実となりました。ここまでくると人災とも捉えられなくもありませんね。私たちは、それらに対して経済活動を優先しがちですが、もっと学者の警告に敏感になり、多少我慢をしてでも大災害に対する防御をしなければいけないのかなと、感じます。命あっての人生です。また未来にリスクを残さないことは義務です。原発は何かあった場合の影響が大きすぎ、かつ人間のコントロールが効かない。いくら安全安全と言っても、いやきちんと対策すれば本当に安全かもしれないけど、何十機もある原発が何十年、何百年も何もないわけありません。1回でも何かあったら、日本のみならず世界に悪影響を及ぼした今回のようなことになるのですから。。
2011-09-16 22:28 : 読書感想/書評 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

愛mac復活!

 わが"愛車"ならぬ、"愛機"の愛マック(iMac)。昨年から徐々に通電しなくなり、とうとうお亡くなりになられました。だましだまし使っていたのですが、ここ1年くらはほとんどいじれない状況で徐々に廃棄への道へ。まぁもう6年目ですから(初代intel imac 2006early)=日本メーカーだともっと長持ちするかもしれませんが、そこはmacです・・。でもブラウジングであればそれほどストレスがない。OSがCPUの制限でアップデートできないので、古いブラウザで我慢が必要ですが、まだまだ使えるはず!?

 新しいのが欲しいところですが、お金がもったいないのと、ホワイトデザイン(今のアルミデザインも好きですが)がとても気に入っているので、何とか復活できないかと。挙動から"電源部の故障"と決め打ち。修理に出せば軽く3~5万円、自分で直すにしても代替部品が2万円前後。ん~高い。これはオークションで壊れた機器を安価でゲットして部品取りし、部品交換するしかないか。

 さっそくオークション。あるにはあるが、同じように通電しないジャンク品が多い。これでは意味ない。が、ありました!液晶不具合のみで通電OKのが。ちなみに液晶不具合は以前経験していて、同じ症状で懐かしい。

 Intel iMacはG5と違い、筐体を開けないことが前提(ユーザにいじらせない)のつくりなので、苦労あり。参考になるWEBページを見つけて、早速やってみます。

imacb_20110909233330.jpg

 写真は電源部を取り外したところ。①②は液晶パネルと本体をつなぐコネクタ部。これを外さないと中途半端にしか開かない。実は要領掴めればそんなことはないのだけど、これは開けてみないと理解できないので、最初は外さないといけないと思います。③④は電源部のコネクタ。④を抜くのが難しい。基盤の下に入り込んでいるので、基盤(青い部分)を固定しているネジを何箇所か外してグッと持ち上げてから外しました。電源部を交換して、また①~④を接続してもとに戻します。

imac_20110909233336.jpg


 ちょっと不具合があり一発でディスプレイに表示されなかったのですが、原因が分かり改善しました(上記②の接触不良。ここはいじってはいけない箇所だったのかも。無理やり直しました、危うい・・)。そして、無事復活!!

 10年ぶりにmacユーザ復帰に導いた記念のマシンでもあるので愛着もあります。これでまた暫くお付き合いできて嬉しい。マウスも調子が悪かったので、落札品に付属してったものに交換し快適。大成功です。費用は、オークション関連費用約1万円、星型ドライバー600円なり。ぎりぎり合格点かな。
2011-09-14 21:25 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

夏休み pt.5 - そのもろ編

面倒だから、その他もろもろまとめての記録です・・。

sv4.jpg sv3.jpg

 もちろん、ジェフユナイテッド市原・千葉と千葉ロッテマリーンズの応援には行きます、夏休みでなくても。いい具合に調教され、妻の無関心(昔からほとんど同行せず)を横目に、2人の子どもは楽しく応援してくれます。これを見るのもまた楽しい。

sv6.jpg sv7.jpg

 夏といえば、花火とカブトムシです。夏の夜空はいいですなぁ。今夏は花火大会が少なくて残念でした。カブトムシは、朝4時台に起きてつかまえに。子どもの頃たくさん捕った経験から、あれは買うものではなく捕るものというスタンス。何とかゲットできましたが、クワガタが・・。それでも息子にとっては"初"だからOK。。蜘蛛の巣を嫌がり、林には入らないため、外灯頼りです。

 昔はスイカの皮や桃の種がエサでしたが、「お腹壊すからダメ」と言われました。ゼリーが主流らしい。そのうち成人病になるぞ・・。ちなみに、バナナは大好物っぽい。何だかなぁ・・。

sv5.jpg


 今年も行きました、ポケモンスタンプラリー(JR東)&仮面ライダースタンプラリー(東京メトロ)同時強行軍!!でも今年はポケモンは震災の影響もあるのか(?)、規模を縮小してたし、仮面ライダーも全部は回らなかったので、午前中で終わった。こうなると、何か物足りなく、新宿都庁へ。展望台は無料で、エコノミーなスポットです。景色もこれで十分、お金出して登るところに行く必要はないんじゃないかな(スカイツリーは別格の高さだから一緒にしてはいけないか)。

sv2.jpg sv1.jpg

夏休みといえば工作。一緒に作った。やり始めると、サポートが本気になる。いかんいかん。
「教えて」と言われたところだけ教えた勉強も。真剣さの中に、楽しむ心を持つと、これまたお互い面白い。
2011-09-11 18:03 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

夏休み pt.4 - キッザニア編

 今年の子どもたちの夏休みは、よく一緒に遊びました。ホント、幸せです。お互いに、かけがえの無い瞬間を過ごし共有できたことは、よく考えると感激さえします、涙もの。有難うございます。

 豊洲にあるキッザニア東京に初めて行きました。子どもが色々な職業を体験できるテーマパークです。屋内なので、雨の心配もなければ、涼しいし、何と言っても移動距離が少なくて済みます(某夢の国と比較しても楽チンで気に入りました)。

kzna2.jpg

 結構本格的。やはり大人が本気でやらないと、子どもは、察してダレてしまいます。その辺は施設側の理解が素晴らしく、各企業さんが立派な本物同様の設備を手抜きなく作られています!そして"子どもが主役"という方針が伝わってきます。親抜きで、子どもだけで参加する仕組みで、なかなか良いと思います。子供たちも眼が輝きます!

kzna3.jpg

 街の中ですから、消防車だってあります。火事が起こって、小さな消防士たちが出動し、水をかけて消火までします。仕事が終えると、擬似マネーを給与としてもらい、それで買い物もできるし銀行で貯金もできます。大人を真似て背伸びする子供たちが微笑ましいです。好奇心が付きません。落ち着け落ち着け。

kzna1.jpg

 マンホールもキッザニア仕様。まだやりたい仕事をまわりきれていないので、近いうちにもう1回は行かないといけないかな。結構高いのよね・・。見た感じだと、内容的には小学生の4,5年くらいまでが適正でしょうか。未来ある子供相手の社会貢献ビジネスは羨ましい。職業選択をするときの視野の広さは増やしてあげたい。自分に合った仕事を見つけてくれますように。
2011-09-09 22:21 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

夏休み pt.3 - 広島定期訪問の旅 番外編

 離島とは言え、数千人の人が住んでいるので、スーパーもあるし不便はそれほどありません。でもさすがに夜は明かりが少ないので、星空満点。圧倒的に多い星の数!素晴らしいです。ここで流星群を見たいな。そして空気がおいしい。フェリーを降りると、実感できます。思わず深呼吸。人間が心地いいということは、虫たちもそのはず。たくさん居るね~。

hrsm7.jpg

 そこで蚊帳です。テント型で底面までカバーしているので安心です。昨年、大きなムカデが出たので(今年も出てるらしい)、自分はもちろん、子どもに何かあっても心配なので事前に購入して送付しておきました。お陰様でグッスリ快眠。折りたためば小さくなりますし、広げるときもほとんど手間はかかりません。

hrsm8.jpg

 網戸に張り付く、ヤモリさん。なんか裏返しな姿が可愛い。まぁこれが大量に発生したら閉口しますが、1匹なもので。「家を守る」からヤモリ?家の中には小さいクモさんたち。いずれも小さい虫を駆除してくれます。
 
2011-09-02 20:33 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

Thank you for visiting

korogaruishi

自分を信じ、転がり続けること
Twitter ID : korogaruishi

便利!ブログ内検索

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ(タブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。