スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

世界一感動する会計の本です【簿記・経理入門】 / 山田 真哉


新装版 世界一感動する会計の本です【簿記・経理入門】新装版 世界一感動する会計の本です【簿記・経理入門】
(2009/10/16)
山田 真哉

商品詳細を見る


 先生が生徒に会計の基礎と楽しさを教えるという設定で進行します。その授業の中で、ある古代西欧の物語が紹介されます。物語では、主人公2人が商売を始めるわけですが、その商売結果を帳簿を付けていくということで、都度その記入方法とその数値がもつ意味が盛り込まれており、最終的に仕分けの仕方、元帳、BS,PLの説明にたどり着くという。さらにその物語の"クライマックス"と"オチ"にタイトルでいう「世界一感動する」要素があります。

 スラスラと読みやすく頭にもすっと入ってくるので、簿記、決算書とはなんぞやの基礎を理解するには良いかと思います。また会計の本質を理解させる点では、いくら知識があっても本質を見失っている人がいるので、そういう人にも読む価値があるのではないでしょうか。そこが"簡易な内容"とひとくくりにできないところで、本当に理解している人しか出来ない技です。わかりやすく説明する工夫もすごく感じており、この著者の「女子大生会計士の事件簿」や「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」がベストセラーになっている理由が分かりますね。

 技術系の私には、正直、会計(特に簿記)は事務仕事の部類ととらえがちなのですが(もちろん経営にとって重要だしなくてはならない指標だとも理解していますが、好き嫌いと同じ観点でみると、という意味です)、この本の中の先生が、「会計って素晴らしい!ものなんだ」と本気で訴えかけている様子を見るに、新鮮な捉え方ができ収穫でした。また、借方/貸方とか、試算表とBS/PLの関係性などが、明確に整理できました。
スポンサーサイト
2012-01-24 00:29 : 読書感想/書評-IT&ビジネス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

"いも"で風情と味覚を味わう

imo6.jpg

今冬から利用を始めた石油ストーブ。今のストーブは、臭いがほとんどしない、GOOD。節電&非常用として購入したのですが、その佇まいがなかなか良いもの。さらにストーブの上で芋など焼いたりすると、"趣き"まで出てきます。

imo66.jpg

安納芋。この黄金色が何ともそそる。当然美味です。じゃがいもも同じように焼けますが、こちらも最高です。こんなまったりした時間を過ごせて幸せなのだ。うとうと~、眠っ。
2012-01-19 01:12 : mono/food : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

おら仙台さ行っただ

sendai1.jpg sendai2.jpg

はやぶさ快適、大宮の次はもう仙台。東京から100分、、近く感じます。
仙台雪降ってた。寒っ。

sendai3.jpg sendai4.jpg sendai5.jpg

”喜助”で牛たんを堪能。旨っ。

sendaio1.jpg sendaio2.jpg

お土産は、もちろん"萩の月"。これまた旨っ。と

sendaio3.jpg sendaio4.jpg

阿部蒲鉾店の笹かま"千代(せんだい)"。店員さんのオススメどおり、レンジで軽くチンして、醤油をつけずにわさびだけで食す。は~、幸せ。

復興のためにも、東北でお金使わないと。たまの出張だから、アフターファイブはワクワクするし。でも日帰り・・。



2012-01-15 23:30 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

Thank you for visiting

korogaruishi

自分を信じ、転がり続けること
Twitter ID : korogaruishi

便利!ブログ内検索

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。