スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

キウイフルーツジャム

kwj1.jpg
すっかりジャムは手作りでないと満足いかなくなり、一見ジャム作りにハマった風。でもハマったわけではなく、満たすための作業。楽しいけど。いつもワンパターンの工程。今回はキウイフルーツ。5個で298円(写真は1個既に鍋の中で、4個)。

kwj2.jpg
半分に切ったキウイからスプーンで適当な大きさに実をかき出す、かき出す。350g。砂糖を今回は少なめの85g(これも適当)。

kwj3.jpg
中火で煮込む。アク取りを忘れずに。今回は意外と早く煮詰まった。

kwj4.jpg
出来上がり!ちょっと酸っぱいくらいだけど、さっぱり美味。
スポンサーサイト
2012-05-18 21:01 : 創作 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

ル・コルビュジエの勇気ある住宅 / 安藤 忠雄


ル・コルビュジエの勇気ある住宅 (とんぼの本)ル・コルビュジエの勇気ある住宅 (とんぼの本)
(2004/09/22)
安藤 忠雄

商品詳細を見る

 建築家 安藤忠雄さんが近代建築の巨匠 ル・コルビュジエの住宅作品を解説する内容。写真も豊富で、建築物はもちろん、当時の巨匠の姿やデザイン図、現地の様子、模型など、とてもバランスがとれている。「どんな感じなのかなぁ」と思うものが、タイミング良く写真で紹介されている感じなので、ストレスがなく、イメージとともに読み進められる。

 解説内容は、建築された時代背景やコルビュジェの過ごした環境をもとに、どのような想いが込められているかを分析。新しい概念を生み出すイノベーションの風を感じ、また既成の常識では評価されない中でも概念を貫く闘う姿に強さを感じる。安藤さんが、実力者同志ならではの深い理解と共感を覚えている様子が伝わってくる。中でもコンクリート打ち放しの構造は、コルビュジェ作品の特徴であり、安藤さんの作品も影響を大いに受けている、とあります。安藤さんの作品にも触れ、うまく比較されている。

 生涯300のプロジェクトを手がけ、建築物から家具、絵画とその内なる芸術的センス、パワーを爆発されているのだが、そのわりにここに収められている作品数は少なく物足りないと思う方もいるかもしれない。住宅に関してのみ8作品がメインになっているからだ。しかし、エッセンスは十分に味わえ、不満はない。さらに安藤さんのコルビュジェに対する敬意と愛情を感じるとともに、コルビュジェの人間性にも触れられる点も良い。

 順風満帆なイメージだっただが、このような革命家的な闘う姿があったのは新鮮(安藤さんとも共通しますね)。後半の章では愛する妻との生活や海岸沿いののどかな風景に囲まれた終の棲家の写真、暮らしを紹介。穏やかな姿に心を和む。そして自殺ではないかという自宅近くの海岸で心臓発作で旅立つ・・。

 130ページ弱ですが、上質紙ですし、内容も品がある。とても満足感が高い本です。安藤さんの解説&分析がGOOD!増々、コルビュジェ作品を見たくなります。この続編版がないかな。
2012-05-15 02:50 : 読書感想/書評 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

阿修羅などなど

btz1.jpg
本棚ディスプレイ用のアイテム購入。ケース入れて諸々2千円くらい。だんだん置き場所無くなってきたなぁ。
もともとはガチャガチャで1体300円のものらしい。今時のガチャガチャって凄い。

btz2.jpg btz3.jpg
それにしても結構迫力ありますよ。良くできています。
阿修羅、惚れる。
2012-05-11 01:43 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 1 :

植松努さんオススメの

 先日読んだ「NASAより宇宙に近い町工場」の著書 植松努さんがオススメする本を即購入。どんだけ信頼しきっとるのかというのは置いといて・・、感銘を受けたらまず行動ということ。

①紙飛行機

新選 二宮康明の紙飛行機集〈1〉 (切りぬく本)新選 二宮康明の紙飛行機集〈1〉 (切りぬく本)
(2005/12)
二宮 康明

商品詳細を見る

 息子と一緒に作ってます。だんだんハサミの使い方が上手になってきました。調節をうまくやらないと飛びませんが、そこもあきらめないで工夫して飛ばせるようになった喜びが良かとです。作って楽しい、飛ばして楽しい。ペーパークラフトまで手を出してしまいそうです、と息子も私もハマリ気味。やっぱり工作は昔から好き。

nnmy.jpg



②もののはじまり館

21世紀こども百科 もののはじまり館21世紀こども百科 もののはじまり館
(2008/12/06)
近藤二郎

商品詳細を見る

 こちらは娘と読んでます。これは、様々な"もの"の始まりとその後の発達・発展を解説しています。その”もの”とは、自動車/飛行機/自転車/鉄道などの乗り物から、冷蔵庫/コンピュータ/電子レンジなどの電化製品、学校/お金/銀行/消防/警察など公共のしくみ、カレーライス/すしなどの食物、衣服/家/祭り/星座/地図/単位などの生活に関わることなど、本当に幅広いです。写真や図なども多様していますし、時系列で発達の経過も分かるようになっているなど、理解しやすい構成・内容です。これは大人でも十分楽しめますね。

hjmr1.jpg


 植松さん、いいとこ突いてくるわ~、さすが。有難うございます。何かと子供たちの口から「できないよ」「無理」と聞くと、自分が諦めが早い人間に育ててしまった、もしかしたら何か可能性を消しているのかも知れない・・と凹みますが、反省して今からでも遅くないと思って頑張ろうと思ってます。
2012-05-08 21:42 : 読書感想/書評 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

NASAより宇宙に近い町工場 / 植松 努


NASAより宇宙に近い町工場NASAより宇宙に近い町工場
(2009/11/05)
植松 努

商品詳細を見る


 とても素晴らしい方に出逢いました。あるセミナーで公演を一番前の席で聞かせていただいた、北海道赤平市にある植松電機 専務取締役の植松努さんです。その植松さんが書かれた本がこれです。内容に無駄がなく、大げさにいうと全てに感銘を受けたので、サマライズしようにも結局本そのまま写すような感じになってしまいそうです。

 日本の衰退を憂い、原因を突き詰めていったところ、「どーせ無理」と何事も諦めてしまう風潮に行き当たります。小さい頃、大人たちに夢を否定されたエピソードや、社会人になってからも楽をして努力しないことをヨシとする同僚など、半生を顧みながら紹介し、諦め風潮の背景を解析しています。

 この状況を打破すべく、よりよい世の中にするべく情熱を傾けておられます。それは、北海道のかた田舎で約20人の社員の会社が、宇宙開発することで、周りの人たちに「夢は諦めるな!」という意識を目覚めさせ、鼓舞しておられます。今、その取り組みは、開始から10年経たずして、NASAやJAXAから仕事の依頼がくるまでになっています。凄すぎです。さらに伝える活動として、子供たちにはロケット教室を、大人には講演ということで、今や全国を飛び回っておられるようです(私の聴かせて頂いた公演でも、次の予定があるとのことで終わると同時に出発されていました)。「どーせ無理」から「だったらこうしてみたら」への意識改革を促します。さらには、会社敷地を拡張し、そこに教育施設までつくる計画が進行中というのですから、その本気度は半端ではありません。これらの経緯やバックグランドにある人生論が、この本には程よくユーモアを交えて盛り込まれています。いや、素晴らしいです。

 人は世の中をよりよくしたい生物で"工夫"ができることから『すべての人は世界を変える可能性があるんです。人の役に立つ可能性があるんです。だから、人を殺してはいけないんです。可能性を奪うことが罪なんです。』と仰られています。人を否定することで、その人が諦めてしまったら、それは罪なのだ、ということも。ごもっともですね。

 ではなぜ否定するかというと、『何もしないから自信が持てないのに、楽をして自信を得るために、自慢をし、あら探しをし、評論をする』からきているのでしょう。その"楽"については、『楽をすると「無能」にしかなれません。能力というものは、経験しなければ身につかないからです。経験をしなければ能力はなくなります。』と戒めております。さらに、『手加減した働き方をしていると、手加減した人生の生き方になり、人生の時間がもったいないんです。その職場という環境を生かして学べることを徹底的に学ぶんです。』とアドバイスされています。重いです。そして、

夢とは、大好きなこと、やってみたいことです。
そして仕事とは、社会や人のために役に立つことです


と集約します。これには"お金"のことは入っていません。『人生、最後に勝つのはどれだけ「やったか」です。どれだけ「もらったか」ではありません。』だからです。読書や学習することで、お金を"知識"に変えれば、それは目減りしない価値として貯められること(お金の価値は不安定で信じられないのに対し)、目先のビジネスに繋がらない(金銭的に儲からない)ことでも、ノウハウや人脈というお金では得られない価値・チャンスがあるのだという訴えからも、"お金"にとらわれていないことが分かります。

 2時間の公演と聞いて、最初は正直「えっ、長っ・・」と思ったのですが、始まってみるとあっという間。終わると、感動のあまり、次の日にはこの本と下のDVD(2009年の公演の様子)、さらにオススメの本(別途ブログに記載予定)を購入してしまいました。私の単純さにも程がありますが、これだけインパクトを受けたことはあまり無かったので仕方ありません。小さいころ校長先生が、3本の木をプレゼントするといって「やる気・本気・根気」をあげていましたが、それに元気を加えて4本の木(気)を刺激すること間違いなしです。早速、会社で想いを一緒にする同志に本とDVDを使って広めようとしています。「どーせ無理」撲滅運動だ!


【DVD&ブック 】植松努の特別講演会 きみならできる!「夢」は僕らのロケットエンジン ―北海道の小さな町工場が“知恵【DVD&ブック 】植松努の特別講演会 きみならできる!「夢」は僕らのロケットエンジン ―北海道の小さな町工場が“知恵
(2009/09/15)
植松 努

商品詳細を見る
2012-05-06 00:35 : 読書感想/書評 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :

ぶどうジャム

gj1.jpg
レッドグローブと言うぶどうを買ってみた 297円。

gj2.jpg
ひたすら皮向いて、種とって、刻んで、だいたい500g。ふ~。

gj3.jpg
甘味が若干少なめなので、砂糖150g!

gj4.jpg
いつものようにアクをとりつつ、中火で煮こむ煮込む(写真撮り忘れた)。
最後にレモンを絞って、ぱっぱっ。出来上がり。これは予想よりうま~。
ずっと苺作りたいのだが、なかなか安くなりませんなぁ。
2012-05-05 00:36 : 創作 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
ホーム

Thank you for visiting

korogaruishi

自分を信じ、転がり続けること
Twitter ID : korogaruishi

便利!ブログ内検索

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ(タブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。