スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

Drive day2 松本~安曇野~諏訪湖

drv8.jpg drv9.jpg
先の松山城に続き、現存天守閣シリーズ2、松本城。ブラックが映えます、烏城。石垣の作りがごつい。バラバラのようでしっかりしてるから凄い。松山城のは美しかったけど、こちらは力強い。面白いな。今見れる天守閣はセカンドワンだったらしく、本丸が別にあったのだそうです。初めて知りました。学習。
drv10.jpg drv11.jpg
安曇野のわさび畑。思った以上に広大で圧倒された。
drv12.jpg drv13.jpg
とにかく水がきれい。この流れは、感動ものです。本当に凄い。来てよかった。
そして水車がよく似合う。日本の原風景の1つ。わさびソフトも美味~。
drv14.jpg drv15.jpg
そば畑(?)。残念ながら雄大な山脈は天気が悪く見られず。次のお楽しみということで。また来ればいい。NHKドラマ「おひさま」のセットがまだ残っていました。へぇ~。
drv16.jpg
諏訪湖SA。SAの中でも指折りのスポットではなかろうか。温泉もあるし。信玄もさぞ目を休めたことでしょう。私自身の出生地でもあり感慨深い地なのです。

充実した週末、ありがとう。感謝だわ。


ルーツつながりで、音楽のルーツの1つ。ク~ル
スポンサーサイト
2012-10-18 21:00 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Drive day1 碓氷峠~下仁田~佐久~白樺湖~ビーナスライン

週末を利用してドライブ。気持ち良い~。
drv1.jpg
碓氷峠鉄道文化むら。引退した車両たちが、山あいの地で第二の人生の中、私たちを楽しませてくれます。
drv2.jpg drv3.jpg
下仁田にて、名産 こんにゃく料理に舌づつみ。美味~!ホント。
drv4.jpg
佐久は通り過ぎただけ。稲穂の黄金色が美しい。日本の好きな風景。
drv5.jpg
白樺湖。すすきが秋を感じさせます。風が清々しい。何となく冬支度をしているよう。
drv6.jpg drv7.jpg
ビーナスライン。この道は何度と通っても素晴らしい。

四季を感じられる、贅沢な国土。周囲に助けられ、喜びを分かち合う。
幸せを噛み締めます。儚いからこそ、価値がある。


BGMはもちろん・・
2012-10-16 23:04 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

大和ミュージアムで考えさせられる

もう数ヶ月前になります、夏休み。
ymt1.jpg
穏やかな瀬戸内の造船街、広島県呉市。
ymt2.jpg
お目当ては「大和ミュージアム」。建築物としても見る価値あり、造船の港風景に馴染んでいます。
ymt3.jpg
戦艦大和の大型模型が飾られています。展示物も大和にまつわることが満載。

一見、軍隊もの好きが好みそうな施設と思いきや、戦争の哀れさを感じさせるものでした。作り手のメッセージがとても伝わってきます。もう一つ、大和は世界でも当時の最新鋭の技術が詰まったものだったのだと。工夫を重ね、細部にこだわり、まさにものづくり日本の原点。儚く散った戦艦大和は、このように後世に魂を残して今も生き続けているような気がしました。とても良い施設。


「WAR WAR is stupid♪No more war♪セ~ンソーハンタ~イ♬」
理屈不要、戦争反対。
#ボーイジョージ、才能の人

オマケ1:となりの敷地には、海上自衛隊の「てつのくじら館」があり、巨大潜水艦に無料で入れます。お得。
オマケ2:自宅用に購入した模型ですが、つくりがチャチイ。やはり、海洋堂に作ってもらわないと・・。
ymt4.jpg
2012-10-13 06:33 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

四国初上陸。行ったどー! Pt.1

運良く出張。普段、パートナー企業と真摯にお付き合いさせて頂いているご褒美かな。「必要です」と言われたら、会社も断れまい。
mtym1.jpg
四国初上陸。古くから栄えた松山市。いかにも城下町という感じで、とても歴史を感じる綺麗な街でした。見ず知らずの学生さんも挨拶してくれるなど、とても気持ちが良い。お堀の水も澄んでます。myまた訪れたい街リストに加わりました。
mtym2.jpg
エコな路面電車と、風格のある県庁。
mtym3.jpg mtym5.jpg
ロープウェーで、松山城へ。天守閣は、現存する数少ない中の一つ。石垣の美しさにうっとり。
mtym4.jpg
高台にあるので、景色は最高。瀬戸内海や松山空港もばっちり。
mtym6.jpg
そして松山といえば、道後温泉。お姿を拝見しただけで入浴はしませんでしたが、佇まいを堪能。
写真を撮り忘れましたが、太刀魚を竹に巻いて焼いた郷土料理(?)は絶品でした。また食したい。
2012-10-07 21:38 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

四国初上陸。行ったどー! Pt.2

せっかく四国初上陸したので、レンタカーを借りて高知までさすらいましょう。機会は有効に。人生満喫。
krst1.jpg
四国カルスト。予想以上の絶景。天気も最高!半べそかきそうになりつつ、まさに獣道のような悪道を数十キロ運転してきたご褒美。
krst2.jpg
こんなに素晴らしいドライブコースは滅多にお目にかかれません。
krst3.jpg
四国山脈が神々しい。
krst4.jpg
県境。
krst5.jpg
奇跡的に撮れた、名づけて「明日への道」。はい、運転しながら撮影は危険です。
2012-10-06 12:31 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

四国初上陸。行ったどー! Pt.3

yshr3.jpg
山あいに開けた清楚な街並み、梼原。とても落ち着く、一日の疲れを癒すには丁度いい。
yshr1.jpg yshr2.jpg
選んだ宿は、雲の上のホテル別館。なんと建物前面が藁葺き、側面は木製パネル。自然素材感たっぷりで、私の好みだけど、こんな建物見たことない。建築士さんの想像力に敬服。
yshr6.jpg yshr7.jpg
外観だけでなく、中も素晴らしい。木が満載。部屋は天井に木のパネル、ベッドも海外製で寝心地いいし、洗面や建具にも木が使われていて、非常にこだわりを感じる。最高だなぁ。また来て、何泊かゆっくりしたい。道の駅が併設されているのもユニーク。
yshr4.jpg yshr5.jpg
街にも木がたくさん。ホテル脇の小道ですが、いたる建物にも木が目立って使われているのがわかる。焼き杉板を貼った酒屋さん(?)。これは珍しい、木で作った橋。
yshr8.jpg yshr11.jpg
ホテル本館まで送迎バスに乗って、露天風呂。その後、お食事。至福のとき。
yshr9.jpg yshr10.jpg
本館のレストランと渡り廊下(?)。デザインと素材にこだわりを感じる。
2012-10-05 02:01 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

四国初上陸。行ったどー! Pt.4

尊敬する企業、海洋堂。気になっていた施設に到着。wikipediaでも『模型業界では、高い造形技術と破天荒な経営で有名な企業である。造形物の精巧さや、造形センスは世界屈指の水準を誇る。』とベタ褒め。やはり、こういう存在感のある企業は、ユニークで、ビジネスだけじゃない遊び心と「好きこそ物の上手なれ」を持っています。好きだなぁ。
kappa1.jpg kappa4.jpg
かっぱが出そうな川沿いに面白い建物。橋の上から・・、誰だ、これ?
kappa2.jpg kappa3.jpg
来ました!海洋堂 かっぱ館。ユニークな建物で雰囲気出てます。いい感じ。魚をひいたかっぱ君がお出迎え。
kappa7.jpg kappa6.jpg
中も外もかっぱだらけ。当然人の数よりかっぱの数の方が多い。人間、マイノリティ。となると洗面の蛇口も・・。
kappa8.jpg kappa9.jpg
お~!見れた!!一昨日書いたブログのOne Story Houseオーナーの弟さんの作品。凄い!たっくさんあるフィギュアの中でも、輝いていました。発想と精密さで、異彩を放っていました。
kiyd1.jpg kiyd2.jpg
さて、次はいよいよ海洋堂 ホビー館。稲の実った色が美しい山あいの風景に溶け込む、旧校舎。四万十のこの地にこの建物を使って開設したところが、”粋”です。さすが。
kiyd3.jpg kiyd4.jpg
校舎の中身は、海洋堂ワールド!学校の雰囲気と絶妙にマッチ。うまく使えるものです。
kiyd5.jpg kiyd6.jpg
ゴジラ~、ウルトラマン~、といった、らしいものから・・・
kiyd7.jpg kiyd8.jpg kiyd9.jpg
特注ビートルズ、戦闘機ミニフィギア、東海道五十三次の3D、などなどなどなど。どれも精密で、楽しい。
kiyd10.jpg
併設された工房を見ることもできます。手作り~
#こちらはフィギュアではありません(笑)
2012-10-04 04:45 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

四国初上陸。行ったどー! Pt.5

 やはり四万十行ってよかった。心が洗われる。四万十の脇道を下っていったのだけど、ずっと贅沢な風景を楽しめる。そして数多くかかる沈下橋。自然に溶け込んでいて、何とも言えない一体感を感じる。生憎の雨だったけど、それはそれでまた趣があるというもの。心和む川の流れに、いい事/悪い事いろいろある普段の生活だけど、まずは現実をそのまま受け止めようという気持ちになる。涙出そう。

smntg1.jpg
 長生沈下橋、発見!
smntg2.jpg
 いざ車で渡ってみよう!
smntg3.jpg
 川辺に近づくと、透き通る川面に見とれる。
smntg4.jpg
 そして、著名な岩間沈下橋。ここぞという、超ビュースポット。絵になります。モヤってる山々も神秘的な演出。
smntg5.jpg
 天然うなぎは高すぎて見送りましたが、青さのりの天ぷら、十分堪能しました。
2012-10-03 00:17 : 日記/趣味 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

世界一オーダーしたい家具屋さん

数年前に知った自然素材のことを書いたブログ。
そのオーナーの方は、頑張り屋さんでどんどん夢を現実に移していき、とうとうご自身で家具屋さんを開くにいたりました。その経緯をブログで拝見していたので、とても嬉しかったのを覚えています。

徐々に形作られるお店の様子にセンスを感じ、ブログに書かれていることに共感し、そして開店後に紹介された家具たちの素晴らしさに感銘を受けました。まさに私の感性が共鳴し、いつか行ってみたいと思うようになりました。

でもな、四国に行くことはないな・・・、と思っていたところ、巡ってくるものですチャンスは。何も買わない(買えない!?)、見るだけで満足のオッサンが突然行ってしまいました、One story house

あまり書くと褒め殺しと思われてもなんですが、初対面のオーナーさん、とてもチャーミングで可愛らしい(大人の女性に対して失礼かな・・)。そしてハイテンション(笑)で家具の説明をして頂いたのですが、家具に対する想いと愛情を感じるのですよ。このような方が設計する家具が良くないわけがないのですが、さらに、その家具作りにもこだわりがあり丁寧な仕事なわけです。神は細部に宿るというのはまさにこのことだな、と。本当に"作品"たちにほれぼれしてしまって幸せなひとときでした。

ホームページやブログで見ていたお気に入りの家具が目の前にあるもので、嬉しさのあまり触ったり座ったりする迷惑な客だったのですが、それでも笑顔で対応して頂きました。感謝。

作品と同様、オーナーさんの存在は私の中ではとても大きいのです。着実に前進している姿に感動すら覚えるのです。そしてお店の他にもチャレンジしておられます。大変さが身にしみます。始めないと始まらない、夢は叶うと情熱をもって行動するプロセスに意味がある、と頭でわかっていてもできないものです。それがわかるからこそ「凄いことだ、自分も!」と励まされ、逆に自分の不甲斐なさを叱咤激励してくれているような存在でもあるのです。悶々としていたここ数年の中に、元気を頂けたような思い。あたたかく魅力的でした。お会い出来て良かった。(恥ずかしくて現地では、ここまで言えなかったけど)

こんな日があるから、人生は・・・

osh-isu.jpg
2012-10-02 03:47 : 日記/趣味 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

Thank you for visiting

korogaruishi

自分を信じ、転がり続けること
Twitter ID : korogaruishi

便利!ブログ内検索

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ(タブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。